ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エディターズ・チョイス
2016年4月14日
著者・コラム紹介バックナンバー

なぜ、『ずるい暗記術』は韓国で電子書籍総合1位をとれたのか?

1
nextpage

『ずるい暗記術』が日本で4万5千部のベストセラー。韓国でも発売してまもなく総合1位を獲得するなど、国境を越えて高く支持されている。今回は、日本での凱旋講演を前に、2日間にわたった『ずるい暗記術』韓国版PRの裏側をレポートする。

日本発の勉強本に人気が殺到!

『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』が発売から半年、4万5千部のベストセラーとなった。10代から80代までの幅広い読者に支持され、今も好評を博している。発売されてすぐの頃、韓国の出版社から10数社を超えるオファーが殺到。このときはまだ、日本でここまで売れるとは思ってもいなかったので、韓国の出版社の先見性に驚かされる。

 日本の勉強本は韓国でも高い支持を得ており、書店を覗けば、『頭がよくなる 青ペン書きなぐり勉強法』や『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』など、日本発の勉強本が平積みされている。

日本でベストセラーとなった勉強法の本が陳列されている

 最近では、山口真由著の『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』が韓国で5万9千部のベストセラー(2015年末までの販売部数)、社会現象となった(参考までに、韓国の人口は5千万人強)。

『ずるい暗記術』韓国版は、上記の作品を担当したウィズダムハウスの編集者の手によって、日本で発売された2015年9月からわずか半年後、異例の速さで出版された。

 韓国の「イーニューストゥデイ」では、山口真由氏のベストセラーに続く本として、『ずるい暗記術』韓国版が紹介されるなど、世間の関心は高かった。
(出典:http://www.enewstoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=497004

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



エディターズ・チョイス

ダイヤモンド社書籍オンライン編集部によるインタビューまたは厳選した特別寄稿。経済、産業、経営、社会問題など幅広いテーマを斬新な視点で紹介する。

「エディターズ・チョイス」

⇒バックナンバー一覧