ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずるい暗記術
【第20回】 2016年1月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤大和 [弁護士]

受験対策シリーズ5:自分の「長所」を暗記力に変換する

『ずるい暗記術』冬季講習を5日間にわけて、お送りします。今回は最終日。世の中は、センター試験直前。そう、ここまで来たら、新規の勉強はいりません。情報の整理に力を入れてください。試験で大事なのは、「答えを瞬時に思い出す」ことです。試験にもテクニックが必要です。これまで勉強に時間を費やしてきたのですから、最大限の成果が出るように努めてください!

勉強は強い感情と結びつけるのがよい

 人は誰でも「長所」を持っています。なかなか暗記できないときは、その長所を使ってみましょう。

 たとえば、歌を歌うのが得意だったら、数字や公式をメロディにして歌いながら覚えるようにします。そうすると、意外に覚えられるのです。

 長所が思いつかなければ、「好きなもの」でもかまいません。私は辛いものが好きなので、辛いラーメンを食べながら記憶と結びつけ、「ラーメン勉強法」と名付けていました。

 好きなもの、得意なものには、強い感情が働きます。食べ物の匂いなども記憶を呼び起こしやすいと言われています。これらが「トリガー」となり、覚えたことが思い出されるのです。

 特に細かい数字など、覚えにくいものほど、感情と結びつけると効果的です。ただし、すべての暗記にこの習慣を使っていると、ただのルーティンになってしまいます。苦手なものを覚えるときや、ここぞというときだけに絞りましょう。

受験対策その5:
好きなもの、得意なもので引き出される感情を利用して、記憶の定着率を上げる

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



佐藤大和 [弁護士]

レイ法律事務所代表弁護士(東京弁護士会所属)
1983年生まれ。宮城県石巻市出身。高校時代、模試では偏差値30のダントツビリで落ちこぼれ。大学生になってから勉強に目覚め、2009年の司法試験に1回目で合格(民事系科目は上位5%以内で合格)。11年、弁護士となり、大手法律事務所を経て、14年4月、レイ法律事務所を設立し、経営者弁護士として、2016年1月には国内の法律事務所でTOP5%以内の事務所規模に成長させる。TBS「あさチャン!」、フジテレビ「バイキング」のコメンテーターのほか、NHK Eテレ「Rの法則」などに出演。フジテレビ「リーガルハイ」、テレビ朝日「グッドパートナー 無敵の弁護士」、日本テレビ「ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜」など数多くの人気ドラマの法的監修も手掛ける。15年9月には『ずるい暗記術 偏差値30から司法試験に一発合格できた勉強法』(ダイヤモンド社)を出版し、ニューヨークタイムズ、スウェーデンの新聞社など海外からも取材も受けるマルチ弁護士として活躍中。

 


ずるい暗記術

偏差値30の学年ビリが、司法試験になんと1発合格! 資格試験、英語、大学受験、入社試験ほか、「答え」が存在する試験で、効率的に結果を出す勉強法が『ずるい暗記術』です。本書より、常識とはかけ離れたこの勉強法がなぜ、効果的なのか? 著者の魅力と勉強法のポイントを合わせて紹介していきます。

「ずるい暗記術」

⇒バックナンバー一覧