ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

流山「すず季」
――“蕎麦のルイ・ヴィトン”を味わう幸福感

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]
【第17回】 2009年12月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 8月の暑い盛りに蕎麦の種は蒔かれました。秋に白い花が咲き、蕎麦の実が付きます。

 茨城の“金砂郷”で宝石のごとく結実する蕎麦に触発された人がいました。金砂郷に咲く白い花は、蕎麦屋のオーラを育てます。

(1)店のオーラ
「蕎麦のルイ・ヴィトン」に魅入られ

 “蕎麦のルイ・ヴィトン”、茨城の金砂郷で獲れる常陸(ひたち)秋蕎麦はそう呼ばれます。

 蕎麦の収穫量は北海道がダントツの1位、次いで長野、山形、福島の順で、5位が茨城です(2008年統計)。数ある蕎麦の中でもルイ・ヴィトンに例えられるのは、その茨城の小さな地域「金砂郷」のものだけです。

 その金砂郷に魅入られて、手打ちの階段を駆け上ってきた人がいます。流山「すず季」の亭主、鈴木宏富(ひろとみ)さんです。

金砂郷の蒔き種は別名・黒いダイヤモンドともいわれ、大事に1年間保存します。

 僕は、去る8月19日に鈴木さんの蕎麦栽培の種蒔きに行きました。手作業の手狩り天日干しの貴重な体験させてもらおうと思ったのです。鈴木さんは、数年前から金砂郷の畑を借りては、常陸秋蕎麦を作っています。

 この日に種を蒔き、10月末には刈り取りをします。

 この間、蕎麦の白い花に心を打たれ、、その花から蕎麦が結実するまでを僕は見ることになりました。

 そして、12月末にその蕎麦を打ってもらうことになります。ルイ・ヴィトンの種がルイ・ヴィトン蕎麦になり、幸運にも最初に僕はそれを味わうことになります。

可憐な白い花が金砂郷に咲きます。その花を押しのけるように蕎麦が結実します。

 鈴木さんはいわゆる出前もする町蕎麦屋の3代目でした。

 2代目の父親が流山の初石に移ってきてからも、20代半ばまで忙しく店の手伝いに追われていました。

 「親父が割烹とか寿司屋が好きで、よく連れて行ってもらいました」

 鈴木さんは父親に美味しい店に連れて行ってもらうたびに、自分の中で手打ちの夢が膨らんでいったといいます。

 カウンター越しに客と語らいながら料理を出し、手打ち蕎麦を味わってもらう、そんな店をイメージしていました。

 ある日、千葉県柏市の「竹やぶ」に行きます。衝撃が体に走ったといいます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
鎌氏の著書「こだわり蕎麦屋の始め方」好評発売中!

脱サラしてわずか1年で、激戦区の神田で人気店をつくりあげた著者が教える「ワンランク上の蕎麦屋の始め方」。開業準備から、極上店へ育て上げる秘訣まで、店づくりのすべてを惜しみなく公開。1890円(税込)

話題の記事

鎌 富志治 [夢ハコンサルティング代表]

大手広告代理店で営業局長やプロモーション局長を歴任後、東京・神田須田町で手打ち蕎麦屋「夢八」を開店する(現在は閉店)。現在は企業経営コンサルタント、蕎麦コンサルタントとして活躍中。著書に『こだわり蕎麦屋の始め方』(ダイヤモンド社)がある。
◎ブログ:蕎麦の散歩道


手打ち蕎麦屋のオーラを味わう

ここなら誰を誘っても文句が出ない、時代の先端を走る「特上・手打ち蕎麦屋」を紹介。こだわり亭主たちの店づくり、あなたがまだ体験したことのない蕎麦と蕎麦料理。その店独特の「オーラ」の味わい方教えます。

「手打ち蕎麦屋のオーラを味わう」

⇒バックナンバー一覧