ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
すべての女は、自由である。
【第2回】 2016年4月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
経沢香保子 [株式会社カラーズ代表取締役社長]

女性リーダーは、「皆とうまくやりたい」という思いを優先してはいけない

1
nextpage

『そもそも、リーダーとして仕切る女性たちは「皆とうまくやりたい」「現在の地位を手放したくない」といった思いを優先してはいけない。上司と部下の関わりには一線を画しておくべきだし、リーダーはメンバーを率いて成果を出すことにコミットする義務がある。』
本連載では、経沢香保子さんの新刊『すべての女は、自由である。』の内容をベースに、お伝えしていきます。今回は、「リーダーとしてがんばる女性に伝えたいこと」です。(撮影・Junko Yokoyama)

「性別は関係ない。」
リーダーとしてがんばる女性に伝えたい

 「出資先とモメている」「部下との関係が悪化した」「年上の部下に気を使う」─起業家や管理職として活躍する若い女性たちから、そんな相談をよく受ける。

 今までいろいろな女性たちを見てきた。部下からの人気を得ようとして、個人的な相談に親身になりすぎたり、度を越した要望に応じたりするあまり、木を見て森を見ず、チームや組織全体の指揮をとれなくなるケースは少なくない。

 本来ならば強く言うべきときにも、気を使って思いを溜め込んでしまい、ひどい場合にはうつになってしまう女性もいるほどだ。

 なぜ彼女たちはうまくいかないのか。原因を紐解いてみると、チームや組織のトップに立つ彼女たちが、メンバー一人ひとりに嫌われたくなくて、気を使いすぎてビジョンやすべきことを明確に提示しないために、周りがついていけなくなるのだとわかる。

 そもそも、リーダーとして仕切る女性たちは「皆とうまくやりたい」「現在の地位を手放したくない」といった思いを優先してはいけない。
 上司と部下の関わりには一線を画しておくべきだし、リーダーはメンバーを率いて成果を出すことにコミットする義務がある。

 組織の調和を乱さないことは大事だが、だからといって個人的な要望を優先するわけにはいかない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    著者セミナー・予定

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    経沢香保子(つねざわ・かほこ) [株式会社カラーズ代表取締役社長]

    株式会社カラーズ代表取締役社長。 桜蔭高校・慶應義塾大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳の時に自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円〜即日手配も可能な安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」(https://kidsline.me/)を運営中。 著書に、『自分の会社をつくるということ』(ダイヤモンド社)などがある。 日々の発信:https://note.mu/kahoko_tsunezawa Facebook:https://facebook.com/kahokotsunezawa Twitter:https://twitter.com/KahokoTsunezawa


    すべての女は、自由である。

    書籍『すべての女は、自由である。』でも書いていただきました「自分らしい人生のつくり方」「自分の心と徹底的に向き合う方法」「心地よい人間関係をつくる方法」などについて、本連載でも伝えていただきたいと思います。

    「すべての女は、自由である。」

    ⇒バックナンバー一覧