HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

症状別にみる健康管理術

水虫はかゆみや水泡が消えても油断は禁物!
完治するまで治療を

福田千晶 [医学博士・健康科学アドバイザー]
【第10回】

 水虫は「白癬」という真菌つまりカビの一種。頭部にできるシラクモ、体にできるタムシ、股間にできるインキンタムシも、同じ白癬菌によるものです。

 足にできる水虫でも、足の指の間にできる「趾間型」と、足の裏などに小さな水ぶくれになる「小水疱型」、かかとなどの角質が厚くなる「角質型」があります。爪にできると「爪白癬」と呼ばれます。爪が白く肥厚し、爪の先端がもろくなってポロポロはがれやすくなり、治るのに数ヵ月間はかかります。

 水虫の治療は、抗真菌剤を使います。小水疱型や趾間型などでは、塗り薬だけで治ることもあります。角質型や爪白癬は治りにくく、塗り薬と飲み薬の両方を使い治療する場合もあります。

 皮膚は徐々に古いものははがれ落ち、新しいものがつくられます。その期間は約1ヵ月。ですから、表面の水泡や痒みなどが消えても1ヵ月間は治療を続けないと、皮膚の中に白癬菌は残っていて再発します。

 市販薬での治療も可能です。でも、なかなか症状が軽くならないなら、皮膚科を受診することをお勧めします。水虫に似ていても、異なる皮膚の病気もいろいろあります。その場合は、抗真菌剤では治らないだけではなく、かえって悪化することもあります。

 水虫は生活のなかで感染する可能性があります。水虫の人が履いたスリッパ、歩いたあとのじゅうたん、畳、バスマットなどに白癬菌が存在します。

 湿り気のあるバスマットは、特に白癬菌が存在しやすい場所。そこに足が触れれば菌が足に付きます。白癬菌は触れてすぐに皮膚には入りませんが、靴下や靴を履いて高温多湿の状態になったなかで菌は生き延びて、皮膚にすみつき水虫になります。家族に水虫の人がいれば、マメに洗濯が必要でしょう。

 さらに、室内のほこりにも白癬菌は存在するので、掃除をきちんとすることも感染予防になります。

 家庭のなかばかりでなく、スポーツクラブやゴルフ場のバスマットも白癬菌の多い場所です。毎日の入浴で足の裏や指の間もせっけんでよく洗うことは、水虫の予防に大切。暑くなる季節は特に心がけましょう。

このページの上へ

福田千晶 [医学博士・健康科学アドバイザー]

慶大医学部卒。日本リハビリテーション医学学会専門医、日本東洋医学学会専門医、日本医師会認定産業医、健康スポーツ医。著作と講演を主に活動中。


症状別にみる健康管理術

日々の生活の中で体に異変を感じてもなかなか危機感を持たず、知らぬ間に進行していくケースがあります。トリビアなど含め、症状に合った健康管理術をサポートしていきます。

「症状別にみる健康管理術」

⇒バックナンバー一覧