ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

都心需要の取り込みに動く
ケンタッキー次世代店の仕掛け

週刊ダイヤモンド編集部
2010年8月12日
著者・コラム紹介バックナンバー

 「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」。その名からくるイメージを打ち破る「オーブンローストチキン」など、ノンフライメニューを通常販売する日本KFCの次世代店舗が好調だ。7月9日にグランドオープンして以来、売り上げが「通常店舗の4~5割増」の目標を超えて推移している。

 今後3年半で100店程度の展開を目指すこの次世代店舗には、都心需要を取り込む意図がある。

 「一つのコンセプトで一切合財、客を取るのは不可能になっている」というKFCは、日本に進出して40年。進出当初は若者の“ファッション”だった同社も、いまや店舗は全国に広がり、顧客の年齢層も広がっている。特に、都心店舗の維持には“コスト高”という構造的な問題がある。

 まずKFCは材料費率が30%台後半と高い。たとえば日本マクドナルドは31.5%(前期直営店)なのだ。また代名詞である「オリジナルチキン」は、店舗で手づくりするため人手が必要。厨房や冷蔵庫などの調理スペースも店舗の約半分を占めてしまう。

 ところが、都心店舗は家賃や人件費が高い。そのうえイートイン比率が高く、客席数の確保も求められる。これでは採算が合う都心店舗は少なく、KFCは全体の7~8割方が郊外店舗となっている。

 そこで次世代店舗は店舗デザインを変え、客席効率を高めるため閑散時がないようカフェメニューなどを充実。冒頭のローストチキンといった新たな価値のある商品で、単価アップも狙った。

 手間ひまはかかるが、利益率は通常店舗と同じになるよう設計されている。多店舗化に向け、オペレーション体制の確立が早期に求められる。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 新井美江子)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧