ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小宮一慶の週末経営塾

不祥事を繰り返す三菱自動車は理念を見失っている

小宮一慶
【第38回】 2016年5月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

3度目の不祥事の三菱自動車

 2000年代に2度の不祥事を起こした三菱自動車工業が、軽自動車の燃費データの改ざんを行ったことが明らかになりました。

 なぜこれほど不祥事を繰り返すのか理解しがたいのですが、先日の記者会見でひとつ明らかになったことがありました。それはとても重大な情報が社長に伝わっていなかったということです。

小宮一慶
小宮コンサルタンツ代表

 三菱自動車は記者会見で、軽自動車で協業関係にある日産自動車から燃費の届出値とかい離があると指摘されたのが昨年11月、今年2月に合同調査を行って、3月にかい離が正式に判明し、4月13日になってようやく相川哲郎社長に報告が上がったと説明しています。

 昨年11月といえば、アメリカの環境保護局(EPA)の厳しい追及を受けてドイツのフォルクスワーゲンが排ガス不正を認め、自動車業界に激震が走っていたころです。そのさなかに日産から燃費データ不正の可能性を指摘されたのですから、現場の誰もが事の重大性を認識していたはず。それなのに社長にこの重要な問題を知らせることなく現場で処理しようとしていたのです。

 2000年代のリコール隠し事件では死者まで出し、企業倫理委員会などを設置して不正を繰り返さない対策を講じていたはずなのにまったくそれが機能せず、体質が改まることはありませんでした。

 もし三菱自動車が生き残るつもりなら、経営陣の総退陣は当然として、隠蔽体質が染みこんだ主要幹部の総入れ替えをすべきでしょう。それができないのであれば、どこか国内外のまともな会社に買われるべきです。

 多くの企業を見てきましたが、体質はそう簡単に変わるものではありません。簡単に体質が変わるなら、どこの会社も抜群のパフォーマンスを出しているはずです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小宮一慶

京都大学法学部卒業。米国ダートマス大学タック経営大学院留学(MBA)、東京銀行、岡本アソシエイツ、日本福祉サービス (現、セントケア)を経て独立し現職。名古屋大学客員教授(平成26年度後期)。企業規模、業種を超えた「経営の原理原則」を元に、幅広く経営コンサルティング活動を行う一方、年100回以上講演を行う。『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』(ディスカヴァー21)など著書は100冊を超え、現在も経済紙等に連載を抱える。


小宮一慶の週末経営塾

経営課題を抱えて日々悩む経営者に向けて、数々の企業経営者に伴走してきた経営コンサルタントの小宮一慶氏が課題解決の「ヒント」を提供。どんな業種にも通じる経営の原理原則をおさえながら、経営者はどうあるべきか、実際の経営現場で何を実行すべきか、を語る。

「小宮一慶の週末経営塾」

⇒バックナンバー一覧