ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小宮一慶の週末経営塾

不祥事を起こす会社は「経営者が悪い」

小宮一慶
【第28回】 2015年12月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

なぜ企業の不祥事は起きるのか

小宮一慶
小宮コンサルタンツ代表

 2015年は免震ゴムの不正の東洋ゴム工業、不正会計の東芝、施工不良の旭化成建材というように大企業の不祥事が目立った年でした。これらの不祥事は現場の担当者レベルで起こせるものではなく、組織ぐるみの「犯行」と言っていいでしょう。

 ではこれらの会社は「悪い会社」なのでしょうか。私が尊敬する経営コンサルタントの一倉定さんは「会社には良い会社、悪い会社はない。あるのは良い社長と悪い社長である」と話しています。不祥事を起こした会社は、会社自体が悪いのではなく、会社を率いる経営者が悪いのです。

 東芝の経営者は「3日で120億円の利益を出せ」と部下に指示しました。良い社長であれば、無茶な指示を出せば不正行為を誘発することぐらい想像できるはずです。

 なぜ企業の不祥事が起こるのか。経営者に「目的」と「目標」の区別がついていないからです。「目的」とは存在意義であり、「目標」は目的達成度合いの評価や目的達成の手段です。

 会社が存在する「目的」は二つあります。ピーター・ドラッカーの言葉を借りるまでもなく、一つは「良い商品やサービス、独自の商品やサービスをお客さまに提供して喜んでいただき社会に貢献すること」と、もう一つは「働く人を活かし幸せにすること」です。

 売上や利益の数字は「目標」です。良い商品やサービスを提供し、働く人が活き活きと働いていれば、おのずと売上や利益がついてきます。ですから目的達成を目指した結果が売上や利益なのです。だから目標です。経営者がその基本的なことを理解していれば、3日で120億円の利益という目標設定をするわけがありません。

 時間はかかるかもしれないが、もっと良い商品、他社がまねをできないような商品を提供して売上を伸ばそうと考えるはずです。こんな基本的な話をすること自体恥ずかしいのですが、それができない「最低レベル」の劣悪な経営者が増えていることはとても嘆かわしいことです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小宮一慶

京都大学法学部卒業。米国ダートマス大学タック経営大学院留学(MBA)、東京銀行、岡本アソシエイツ、日本福祉サービス (現、セントケア)を経て独立し現職。名古屋大学客員教授(平成26年度後期)。企業規模、業種を超えた「経営の原理原則」を元に、幅広く経営コンサルティング活動を行う一方、年100回以上講演を行う。『ビジネスマンのための「発見力」養成講座』(ディスカヴァー21)など著書は100冊を超え、現在も経済紙等に連載を抱える。


小宮一慶の週末経営塾

経営課題を抱えて日々悩む経営者に向けて、数々の企業経営者に伴走してきた経営コンサルタントの小宮一慶氏が課題解決の「ヒント」を提供。どんな業種にも通じる経営の原理原則をおさえながら、経営者はどうあるべきか、実際の経営現場で何を実行すべきか、を語る。

「小宮一慶の週末経営塾」

⇒バックナンバー一覧