ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
三谷流構造的やわらか発想法

百花繚乱ビジネスコミック「5つの成功法則」とは?

『マンガ経営戦略全史』誕生物語(その1)

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]
【第138講】 2016年5月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ビジネスコミックの成功法則。原作×女性主人公×物語……

 2013年10月に宝島社から発刊された『まんがでわかる 7つの習慣』は、大ヒットとなり、その後の詳細版3部作(*1)を合わせて138万部以上の超ヒットとなりました。2014年にもっとも売れた、ビジネス書、です。

 その成功には3つの要因があったと言われています。

1.原作:原作であるフランクリン・コヴィーの『7つの習慣』は世界3000万部、日本で160万部と言われます。誰もがその名は知る、屈指の古典的名著のひとつです。でも文章は少し堅めで頁数・文字数も多く、万人向けとは言えないものでもありました。だからこそ、マンガ化による新規顧客開拓余地がありました。

2.主人公:2011年に別冊宝島のA4型書籍として出された『まんがと図解でわかる7つの習慣』では、女子高生が主人公でした。『もしドラ』以来の(男性読者の心を掴む)鉄板設定です。たださらに、この本では20代女性が主人公となり、女性社会人の心を掴みました。

3.物語性:その女性主人公・歩が、亡き父が遺したバーを再開すべくバーテンダーとして自立していく姿が描かれています。バーに集う人々の葛藤、リアリティあるエピソード。歩の努力と成長の物語が共感を生み、『7つの習慣』への説得力を与えることに成功しています。

 この3つ(1「原作が堅めの名著・大著」、2「若い女性が主人公」、3「高い物語性」)は、「ビジネスコミックの成功法則」として認知され、その後の作品はすべてこれを踏襲することになりました。

さらに「価格」と「絵の質」が鍵か

 『まんがでわかる 7つの習慣』を世に出した宝島社の編集者 宮下雅子さんが拘ったことがもう一つ。それが1000円(税抜)という価格でした。

 「女性が投資していいと思うのは、ランチ1回分の値段(税抜1000円)までです!」と、渋る社内を説得しました。「10万部売れば1000円で売っても最低限の編集費は回収できます。私がそれだけ売ってみせますので、どうしても1000円で行かせてください」

 175頁、1000円の頁・価格設定は見事に当たり、購入者の実に6割が女性となりました。

 この作品の特長として挙げられるものとして、最後が(でもかなり大切なこととして)絵の質の高さでしょう。

 作画担当は、別冊フレンドで『校舎のうらには天使が埋められている』(全7巻)を描いた小山鹿梨子さん。そのスッキリした、でも暖かく動きを感じさせる「絵」が、読み手を物語に引き込みます。

*1 原作全体をカバーした『まんがでわかる 7つの習慣』の後、第2の習慣までの『同2』、第5の習慣までの『同3』、第8の習慣(7ではない)までの『同4』が出版された。2016年にはそれらをベースに『同Plus』が出された。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

三谷宏治 [K.I.T.虎ノ門大学院主任教授]

1964年大阪生まれ、福井育ち。小1のとき読書と読みかじりを人に教える快感に目覚め、駿台予備校では教えることの技術に衝撃を受ける。東京大学 理学部物理学科卒業後19年半、BCG、アクセンチュアで戦略コンサルタントとして働く。2003年から06年までアクセンチュア 戦略グループ統括。途中、INSEADでMBA修了。
2006年から教育の世界に転じ、社会人教育と同時に、子どもたち・親たち・教員向けの授業や講演に全国を飛び回る。「決める力」「発想力」と「生きる力」をテーマに毎年8000人以上と接している。現在K.I.T.(金沢工業大学)虎ノ門大学院 主任教授(MBAプログラム)の他に、早稲田大学ビジネススクール、グロービス経営大学院、女子栄養大学で客員教授、放課後NPO アフタースクール及びNPO法人 3keys 理事を務める。永平寺ふるさと大使。
著書多数。『一瞬で大切なことを伝える技術』(かんき出版)は啓文堂書店2012ビジネス書大賞、『経営戦略全史』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)はダイヤモンドHBRベスト経営書2013第1位、ビジネス書大賞2014大賞、『ビジネスモデル全史』(同)はHBRベスト経営書2014第1位となった。
HPは www.mitani3.com

 

 


三谷流構造的やわらか発想法

発想法ってなんのために存在するのでしょう? ヒトと違うアイデアや答えを出すためです。統計的に有意な戦略なんて、定義により無価値ですし、統計的に正しい発想法なんてあるわけがありません。発想に「普遍性」や「高確率」を求めるなんてそもそも矛盾しているのです。発想法も、然り。これまでと違うものを生み出すには、新しい発想法がいま求められているのです。

「三谷流構造的やわらか発想法」

⇒バックナンバー一覧