ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣
【第19回】 2016年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
竹下雄真 [デポルターレクラブ代表]

朝から夕方まで集中力が続く人は◯◯をやっている

 朝から100%の力で仕事ができ、その集中が夜まで途切れない人がいる。一方で、朝からダルい体をムリヤリ動かし、集中は途切れ途切れ。夕方5時にもなるとパワーが切れてしまう人もいる。両者の違いはなんなのだろうか?

 ダイヤモンド社より5月27日に発売される『外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣』よりその一部を抜粋してお届けする。

プロレーサーが語る、ヨガによって培われた大切な力

 ヨガがすごいのは、リラックスと集中が実現できる、というだけではない。それが長時間持続するということだ。

 プロレーサー、山本左近氏も当スタジオの会員だ。

 彼はヨガをやるにつれ、持久力がついてきたと話している。一瞬のパワーではなく、パワーを出し続けられる力だ。

 F1などのレーシングスポーツは長時間、集中し続けなければならない過酷なスポーツだ。レースのあいだ、ずっと集中を途切らせてはならない。一瞬の気の緩みで命さえ奪われかねないからだ。

 そこでは集中力のみならず、その集中を持続させる力、持久力が必要となる。彼はヨガによって、持久力も培われたと話す。

 ウエイトトレーニングが一瞬のパワーを生み出すものだとしたら、ヨガは長い時間パワーを出し続けられるようになるエクササイズだ。インナーマッスルを鍛えるとともにメンタルも強化されるため、長時間の集中が可能になるのである。

 集中の持続、我慢強さ、粘り強さと聞くと、子どものころのしつけや育った環境によるところが大きいと思うかもしれないが、そうではない。大人になってからでも、いくらでも鍛えられるのだ。

 集中を持続させる力は筋力のようなものだ。

 毎日トレーニングをすれば着実に力はついていく。逆に鍛えていないと、なかなか集中できない人間、もしくは集中がすぐに途切れてしまう人間になってしまう。

 

「脱スマホ」で集中力を取り戻す

 ヨガの良さは、強制的に「オフライン」の状態になれることにもあると考えている。

 現代人は何をするにも手元にスマホを置いてしまう。テレビを観ていても、本を読んでいても、仕事をしていても、会議中だって、スマホを手にしてしまう人は多いだろう。「メールやLINEの通知が来ていないかな」「さっきの投稿にコメントついてないかな」など、現代人の集中力の続かなさは尋常ではない。

 ヨガをするときは完全に身ひとつになり、思考を呼吸など一点に集める。

 「今日なに食べようかな」「そういえば、あの人元気かな」などと思考があっちこっちに飛ぶことを一点に引き戻す。この繰り返しを積むことで集中が持続できるようになっていく。

 ぜひスマホを手放し、身ひとつになり、「集中する力」を取り戻してほしい。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


竹下雄真 [デポルターレクラブ代表]

1979年3月26日神奈川県出身。早稲田大学大学院修了。アメリカシアトルでパーソナルトレーナー研修に参加。帰国後、フリーのパーソナルトレーナーを経て、都内パーソナルトレーニングジムでマネージャーパーソナルトレーナーとして、多くの著名人やスポーツ選手、芸能人の肉体改造に携わる。退社後、大手広告代理店に在籍し、街づくりなどのソーシャルメディアやイベントを担当。その後、独立し株式会社ポジティブを設立。会社経営の傍ら、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科スポーツマネジメントコースでスポーツビジネスを学び、スポーツ修士課程を修了。2011年5月西麻布にプライベートパーソナルトレーニングジム、デポルターレクラブをオープン。2014年よりデポルターレヨガを開始。経営者や外資系ビジネスマン、政治家、プロ野球選手、F1選手も通う人気のプログラムとなっている。


外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣

ヨガは女性のものというイメージが定着しているが、いま働く男性のあいだでもヨガが再評価され、始める人が急増しているという。体の柔軟性や呼吸法は男性にとっても、とても大切なものだ。仕事のスキル以前に体が整っていないと、基礎ができていないのと同じこと。本書はありそうでなかったビジネスマン向けのヨガ入門だ。

(取材・構成:大畠利恵 ヨガトレーナー:金井俊希)

「外資系エリートがすでに始めているヨガの習慣」

⇒バックナンバー一覧