ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
定年までにやるべき「お金」のこと
【第9回】 2016年5月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

安心をウリにしている「医療保険」は
本当に必要なのか?

1
nextpage

消費税増税、社会保険の負担増、教育費の高騰などで貯金が少ない40代、50代。今の日本人の平均寿命は83歳で、60歳定年から平均で23年もある。老後年収200万円で20年以上安心して暮らすためには、老後のお金の現状を知っておくべきである。

ダイヤモンド・オンラインでも人気の連載「40代から備えたい 老後のお金クライシス」を書いている深田晶恵さんが、『定年までにやるべき「お金」のこと』という本を上梓。この内容をベースに、お金に不安がある人たちに役立つコンテンツを紹介していく。

医療保険は本当に
頼りになるのか?

現在、年収が800万円あっても、年金収入は200万円。これで25年生きるとするとムダなお金は使えない。

前回は生命保険の話をしたが、今回は医療保険について。医療保険は「必ず入っておくもの」と考えているかもしれないが、これは誤解に基づく思い込みである可能性が高い。

あなたは、本当にいざというときに医療保険がどれだけ頼りになるものなのか、検証したことがあるだろうか?まず、医療保険でお金がもらえるのは、原則として「入院か手術をしたとき」であり、病気にかかる費用をすべてカバーしてくれるわけではない。

最近は、国の方針として入院は短期化の傾向にあるし、医療技術の進歩により、入院せずに外来でできる高度な治療も増えている。

外来でかかる治療費は医療保険ではカバーされないので、月々の収入や貯蓄から捻出することになる。

同じ病気で再度入院したら
給付金が満額もらえなかった!

では、病気で入院して手術を受けたとして、医療保険からどれくらいのお金がもらえるのか。「入院日額5000円(1入院120日型)・手術給付金は内容に応じて入院給付金の10倍、20倍、40倍」というタイプの医療保険に加入しているとすると、

◦入院給付金……1入院で最大60万円(5000円×120日)
◦手術給付金……手術内容に応じて5万円、10万円、20万円のいずれかの金額

つまり、このケースでは最大80万円になる。

さらに、ここで「1入院」の定義には注意が必要だ。保険会社の約款には、「同じ病気や関連する病気で180日以内の再入院は“1入院”としてみなす」とある。

たとえば、抗がん剤治療を複数回にわたり入院して行う場合、1クール目が終わるといったん自宅療養で1〜2ヵ月体を休め、再入院して2クール目の抗がん剤治療を受けるとすると、2回の入院は通算して「1入院」としてカウントされる。

私の身内の場合、白血病になって最初に60日間入院し、1ヵ月間の自宅療養の後に70日間入院した。「1入院120日型」の医療保険に入っており、それぞれの入院が120日以内なので、本人は「60日間分と70日間分の入院給付金を受け取れる」と思っていたようだが、再入院が180日以内だったため2回の入院は「1入院」とカウントされ、120日を超える10日間分については入院給付金の対象外となった。

もちろん前回の入院から、退院している期間が180日(約半年)を超えるとリセットされて、1入院の縛りはなくなり、その日数通りに支払われるのだが、実は医療保険には保険期間を通じた「限度日数」という制限もある。

その日数は、「730日」、「1000日」など契約により決まっている。限度日数が730日だった場合、数年にわたって何度か入院したとして、トータルで入院した日数が730日を超えた場合、それ以上は支払いませんということだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


定年までにやるべき「お金」のこと

老後年収200万円で20~30年を生き抜ける?
世帯年収700~1200万円が、いちばん危ない!

現在の40~50代は「重すぎる住宅ローン」、「高騰する教育費」、「消費好き」…の三重苦を背負っており、老後資金が不足する可能性が高い世代。今の年収がそこそこ高く、老後は「なんとかなるだろう」と思っているあなたは、実は「下流老人予備軍」 になっているかも?

現在でも、年金生活者の赤字はこの5年で年間26万円も増加。75万円も不足しています。
今の年収が高くても老後の年収は年金で200万円前後。平均寿命83歳なのに老後20年~30年を生き抜けるか……。

20年で4000件の家計をみてきた著者が、定年後、老後年収200万円で20~30年を幸せに生きるために、今からそなえておきたいノウハウを詳しく伝授!
住宅ローン、年金、保険、資産運用、教育費まで、「少し先の予測」をしておくことで将来の安心が手に入ります。

「定年までにやるべき「お金」のこと」

⇒バックナンバー一覧