ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

超小型EVリモノが“しくじらない”ための3つの条件

桃田健史 [ジャーナリスト]
2016年5月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
東京・表参道の裏手の小道。洒落たレストランの前に、報道陣が詰めかけた Photo by Kenji Momota

知人だからこそ
あえての苦言、提言

 ライトブルーの布製ボディに、可愛らしい顔立ち。東京・表参道から二筋ほど住宅地に入った小道によく似合う。

 全長2.2m×全幅1.0mの小型電気自動車。その名は、「rimOnO(リモノ) プロトタイプ 01」。

 5月20日午前11時から開催された、実車初公開の記者会見はアットホームな雰囲気で進行した。その模様は、同日夜のテレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」や各種ウェブニュースなどで配信された。

rimOnOの創業者、伊藤慎介氏(左)と、共同経営者の根津孝太氏 Photo by Kenji Momota

 さて、筆者はrimOnO創業者の伊藤慎介氏と、共同経営者の根津孝太氏とは、取材者と取材対象という関係以上の親交がある。伊藤氏が霞ヶ関勤務を辞めて創業を決意した際にも、「知り合いのひとり」として助言をした。

 そのため、彼らがいま何を考え、これから何を目標に前進しようとしているかを“ある程度”理解している。

 そのうえで、20日の記者会見での彼らのプレゼンテーションを聞いた「取材者のひとり」として、その場で感じた「疑問」と「期待」を「提言」という形でまとめてみたい。

「SIMドライブ」になるな

  “半信半疑だが、まずは少し様子を見てみよう”

 それが、会見に集まったメディアに共通の意識だと思う。

 なぜかというと、2000年代後半頃を基点に、日本ではEVや小型EVで数多くのベンチャーが誕生し、そのほとんどが消滅しているからだ。経済産業省の「EV、PHVタウン構想」や、国土交通省の「超小型モビリティ」など、EV関連の政策の多くが成功したとは言い難い状況に陥り、EVベンチャーたちがその煽りをくった。具体的な事例は、本連載の過去ログを参照していただきたい。

 こうした過去の失敗事例が大量に存在するなか、「rimOnO」が生まれた。同社の売りはズバリ、「元経済産業省(伊藤氏)+元トヨタ(根津氏)」という枕詞だ。それ以外には、今回のプレゼンを見れば分かるように、大した特徴はない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧