ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代を後悔しない50のリスト【時間編】
【第7回】 2016年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
大塚 寿 [エマメイコーポレーション代表取締役]

40代は細切れ時間だけで成果は出ない!
忙しい人が「まとまった時間」を確保する秘訣

1
nextpage

時間術の本では、細切れ時間の活用をアドバイスするものが多い。だが、実際の40代は細切れ時間だけでは仕事の成果につながりにくかったと後悔している。では、真にクリエイティブなことを行える「まとまった時間」はどのように確保すればいいのだろうか?シリーズ最新作『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』から、一部を抜粋して紹介する。

【後悔リスト7】細切れ時間ばかりで、「まとまった時間」をつくれなかった

 「じっくり考える時間」をどう確保するかというのは、時間が慢性的に足りない40代にとっては常に大きな悩みのようです。

 よく時間術の本などでは、細切れ時間を活用するというアドバイスがありますが、恐らくこれは真理でありながらも、細切れ時間だけでは仕事の成果につながりにくいという後悔を、多くの40代がしていることも疑いのない事実です。

 細切れ時間で行う仕事はどうしても「処理」という域を出ず、真にクリエイティブなことを行うには、ある程度まとまった時間、ルーティンの仕事や急ぎの仕事から離れて、じっくりと考える時間を定期的に設ける必要があったと諸先輩も言っています。正確には、設けるべきだとわかっていたのに、なかなかつくれないまま時間が過ぎてしまったことを嘆く人が多いのです。

 逆に、時間のやり繰りが上手で、仕事でもしっかりと成果を出している人は、ほぼ例外なく、定期的にじっくり考える「まとまった時間」を確保していました。では、日々の中でこの時間をつくることに成功した諸先輩がどんな工夫をしていたのかをご紹介しましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

大塚 寿(おおつか・ひさし) [エマメイコーポレーション代表取締役]

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。


40代を後悔しない50のリスト【時間編】

シリーズ累計28万部突破! 人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる!
元リクルートの営業マンだった著者が、これまで出会った管理職・経営者・定年退職者1万人以上にインタビューしてわかったのは、40代こそが「人生最大の分かれ道」だということ。そして、40代が最も後悔していることこそ「時間の使い方」だった。「仕事と家庭」「自分の仕事と部下のマネジメント」「自己実現と出世」「夫と父」「妻と母」など、限られた時間の中でバランスを取り続ける両立世代が、自分らしい生き方・働き方を取り戻すには? 計画術から習慣術、仕事術、マネジメント術、バランス術まで、『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』から一部を抜粋して紹介する。
 

「40代を後悔しない50のリスト【時間編】」

⇒バックナンバー一覧