ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代を後悔しない50のリスト【時間編】
【第4回】 2016年6月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
大塚 寿 [エマメイコーポレーション代表取締役]

なぜあの人は優先順位に迷わないのか?
40代は人生全体で時間配分を考える

1
nextpage

40代は仕事でも家庭でも、膨大な量のやるべきことを抱えている。日々、想定外の出来事に振り回される人も多いはず。40代こそ、自分の生き方・働き方に合わせた優先順位を決め、真剣に時間配分を変えていかないと後戻りできない年回りなのだ。では、やるべきことを見極め、上手に優先順位をつけていくには?シリーズ最新作『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』から、一部を抜粋して紹介する。

【後悔リスト2】「やるべきことが多過ぎて、優先順位がつけられなかった」

 20代、30代までは、自分の仕事を上手に管理していた人も、40代になると、徐々に破綻していくことを一度は経験します。

 マネジャーになると部下のマネジメントに膨大な時間を取られますし、これまで目の前の仕事に集中していればよかったのが、全体調整に時間を取られたり、加えて家庭でのやるべきことも増えて、それまでのやり方では立ち行かなくなります。

 30代は投げられた球を必死で打ち返していてもギリギリ対応できたかもしれませんが、40代になると、もはや投げられるボールは一つではなく、一度に二つも三つも投げられます。

 そうすると、ボールを見抜く選球眼が必要となります。これは打ち返すべきか、見逃すべきか、バントで送るべきか、全体のゲーム運びを調整しながら考えていかないと、マネジメントどころか、自分自身が成果を出しづらくなり、また気力も体力も持たなくなってきます。

 つまり、仕事の優先順位が何より求められるのです。持ち時間は誰にとっても平等なので、すべてに等しく全力で向き合っていれば、どんなにパフォーマンスが高い人でも時間が足りなくなるのは当然です。

 時間の配分を変える際にも、動かせない大原則は、時間の総量は一定ということです。時間を増やしたり減らしたりはできないのです。したがって、やるべきタスクの量を調整するしかありません。

 しかし、やるべきことというのは、そう簡単には決められません。自分の仕事だけなら難しくはないでしょうが、40代が抱える時間の悩みの根っこは、多くの場合、「自分以外のこと」なのです。それは仕事だけでなく、家庭でのやるべきことも関係してきます。

 もちろん、自分の時間においても、目の前のことだけでなく、10年後、20年後を見据えたやるべきこともあるでしょう。そうした多くのことをトータルで考え、優先順位をつけていかなれば、限られた時間の中で行うことは絶対に不可能です。

 人生全体で自分の時間を何に振り分けるのかを、考えなくてはいけないのです。それは決して簡単なことではありません。しかし、やるべきことをこなしつつ、後悔せずに実りある人生を送るには、自分の価値観とはどういうものか、何を大切にして、何を切り捨てるべきなのかを考えなくてはいけません。

 では、自分の人生をトータルに考えて、どのようにやるべきことを絞っていけばいいのでしょうか。答えはバラバラでも、考え方にはきっとコツがあるはずです。それを教えてくれたHさんのケースをご紹介しましょう。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

大塚 寿(おおつか・ひさし) [エマメイコーポレーション代表取締役]

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。


40代を後悔しない50のリスト【時間編】

シリーズ累計28万部突破! 人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる!
元リクルートの営業マンだった著者が、これまで出会った管理職・経営者・定年退職者1万人以上にインタビューしてわかったのは、40代こそが「人生最大の分かれ道」だということ。そして、40代が最も後悔していることこそ「時間の使い方」だった。「仕事と家庭」「自分の仕事と部下のマネジメント」「自己実現と出世」「夫と父」「妻と母」など、限られた時間の中でバランスを取り続ける両立世代が、自分らしい生き方・働き方を取り戻すには? 計画術から習慣術、仕事術、マネジメント術、バランス術まで、『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』から一部を抜粋して紹介する。
 

「40代を後悔しない50のリスト【時間編】」

⇒バックナンバー一覧