ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら
【第21回】 2016年6月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
岩崎 夏海

キャラを立てるということは、
居場所をつくるということ
【元AKB48仲谷明香×岩崎夏海】特別対談(前編)

1
nextpage

280万部のベストセラー『もしドラ』の第2弾、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』(通称:『もしイノ』)。待望のオーディオブックが発売されました。朗読を担当したのは、『もしドラ』のオーディオブックと同じく、仲谷明香さん。『もしドラ』の時はAKB48のメンバーとして活動していましたが、現在はかねてからの夢だった声優として活躍しています。AKB時代から付き合いのある岩崎さんと仲谷さんが、『もしイノ』のテーマである「居場所」について語り合いました。(構成:崎谷実穂、写真:京嶋良太)

キャラを立てるということは、居場所をつくるということ

仲谷 岩崎さんに初めてお会いしてから、もう10年前になるんですね。

岩崎 そうですね、仲谷がAKBに入った時だから。当時の仲谷は、もっと人見知りだった気がします。

仲谷明香(なかや・さやか)
1991年10月15日生まれ。声優として、アニメ・ゲーム・舞台などで活躍を続ける。2010年には、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』で朗読を担当し、その後、同作のアニメ版で北条文乃を演じる。代表作は「不思議なソメラちゃん」(野乃本ソメラ)、「迷家-マヨイガ-」(なぁな)、「ハピネスチャージプリキュア!」(オリナ/キュアウェーブ)ほか。

仲谷 はい(笑)。それではダメだと思って、自分から積極的に話すようにしました。

岩崎 秋元康さんの近くで仕事をしていて思ったのは、AKBのメンバーってかわいい子だからって人気が出るわけじゃないんですよね。たくさんの女の子が集まっているから、容姿だけじゃ覚えてもらえない。つまり、居場所がつくれない。自己プロデュースができて、キャラクターを確立できる子が強い。だから、劇場公演のMCとかいろんなところでみんな頑張るんだけど、仲谷はMCが苦手でそこでは前に出られなかった。

仲谷 そうでしたね。

岩崎 でも最初から、声優になりたいという強い意志を持っていた。そして、だんだんAKBのなかで自分なりの戦い方を身につけて、少しずつ輝くようになった。自ら縁の下の力持ちの役割を買って出るなど、すき間を狙ってキャラを確立していきましたよね。それがおもしろいなと思って、僕はわりと仲谷に注目していました。

仲谷 ありがとうございます。

岩崎 それもあって、2009年に『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(通称:『もしドラ』)を出して、オーディオブック化の話が出た時に、仲谷を朗読に推薦したんです。僕は『もしドラ』でチャンスをつかんだわけだけど、仲谷もチャンスがあったらそれをものにできる人だと思ってたから。

仲谷 当時はまだ声のお仕事はほとんどやっていなくて、正直に言うと朗読のお話をいただいたとき「私にはできない!」と思いました(笑)。だって、何百ページもあるんですよ。それを一人で読むなんて……。「声優のお仕事だ」とうれしくなった反面、すごく不安でもありました。

岩崎 頑張ってましたよね。当時仲谷が、毎日朝から3時間くらい朗読していたのを覚えています。

仲谷 そうそう。夏だったので、暑くて大変でした(笑)。

岩崎 その努力の甲斐もあって、『もしドラ』のオーディオブックは、2010年の「オーディオ・ブック・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

仲谷 すごくうれしかったです。

岩崎 そして、2011年に『もしドラ』がアニメ化したときは、オーディションで北条文乃という役を勝ち取った。この文乃って不思議なキャラクターで、書き始めた当初はただの脇役だったんだけど、話が展開したり、アニメ化したりするなかで、どんどん個性が出てきたんですよ。アニメで「え、あ、はい」というのが口ぐせになって、それを今回『もしイノ』でもネタとして使っています。

仲谷 「エアーハイ」ってあだ名をつけられてる、というところですよね(笑)。文乃、はじめの方からすごく重要なキャラクターとして登場しているなと思いました。

岩崎 文乃が出てくると、話が展開するんですよね。書いている時は、ずいぶん文乃に助けられました。今回また、『もしイノ』でオーディオブックの朗読をお願いしたけど、『もしイノ』を読んでどう思いました?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岩崎夏海(いわさき・なつみ)

1968年生まれ。東京都日野市出身。東京藝術大学建築科卒。 大学卒業後、作詞家の秋元康氏に師事。放送作家として『とんねるずのみなさんのおかげです』『ダウンタウンのごっつええ感じ』等、テレビ番組の制作に参加。その後、アイドルグループAKB48のプロデュースなどにも携わる。2009年12月、『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(ダイヤモンド社)を著し、ベストセラーに。他の著書に『エースの系譜』(講談社)、『小説の読み方の教科書』(潮出版社)、『チャボとウサギの事件』(文藝春秋)、『宇宙って面白いの?』(講談社)、『まずいラーメン屋はどこへ消えた?―「椅子取りゲーム社会」で生き残る方法』(小学館)、『部屋を活かせば人生が変わる』(部屋を考える会著/夜間飛行)、『『もしドラ』はなぜ売れたのか?』(東洋経済新報社)、『競争考』(心交社)などがある。 また、ドワンゴ・夜間飛行にて有料メルマガ『ハックルベリーに会いに行く』を配信中。Youtubeチャンネル『ハックルテレビ』を運営。2015年から岩崎書店の社外取締役となり、児童書のプロデュースにも携わる。他に、「岩崎夏海クリエイター塾」の講師を2014年から務めている。

 


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら

275万部を突破した『もしドラ』から6年。再びドラッカーを題材にした新刊『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』を書き下ろした著者・岩崎夏海氏が、各界の著名人を迎え、今作のテーマについて語り合います。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら」

⇒バックナンバー一覧