ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金利市場透視眼鏡

米利上げと日銀緩和期待の再浮上で外債投資コスト上昇

野地 慎[SMBC日興証券為替・外債ストラテジスト]
2016年6月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3月29日にニューヨークで行われたFRB(米連邦準備制度理事会)のイエレン議長の講演は、かつてないほどハト派的と評され、その後、米国の利上げ期待は収縮の一途をたどった。しかし、利上げ期待の後退が促したドル安が株高を促し、原油価格を上昇させたことで、米国ではインフレ期待が復活した。

 5月18日に公表された4月のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録では「経済指標が第2四半期の成長加速やインフレを示唆すれば6月利上げが適切」とされ、市場では一気にFRBの早期利上げへの期待が高まった。

 利上げで再度ドルが買われれば原油価格には下落圧力となり、また、既に人民元の対ドルレートの基準値が5年ぶりの人民元安水準となるなど、1月同様の中国リスクも高まりやすい。早期利上げがあっても、さらなるドル高を促すような積極姿勢は見られないとの思惑から、米国長期金利の上げ幅は限定的なものとなっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金利市場透視眼鏡

国債などの債券投資家のニーズに応えるコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、債券市場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「金利市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧