ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

需要“先食い”のツケが回った
消費税率引き上げ延期の真因

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2016年6月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 消費税率の引き上げが2年半延期されることになった。2014年11月に安倍晋三首相は次のように述べていた。「さらに延期するのではないかといった声があります。再び延期することはない。ここで皆さんにはっきりとそう断言いたします。平成29年(17年)4月の引き上げについては、景気判断条項を付すことなく確実に実施いたします」。

エコカー減税や家電製品のエコポイントなど、複数の政策が重なった結果、予想以上の駆け込み需要が生まれた Photo:JIJI

 また、今年1月10日にNHKの番組で安倍首相は、「今度は前回のような景気判断は行わず、リーマンショック級のような世界的な出来事が起こらない限り、予定通り8%から10%に引き上げていく考えです」と説明していた。

 5月26日の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)で安倍首相は世界経済のリスクを強調した。確かに潜在的なリスクはあちこちに見え隠れするが、年初からの世界的な市場の混乱は、2月上旬に底を打ったという見方が主流だ。原油価格はそれ以降、上昇傾向にある。米国、英国、ドイツ、フランスの主要紙では、今回の日本側の説明に共鳴する論調は見られなかった。

 しかも、翌27日にジャネット・イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、「米経済は改善が続いており、成長は上向いているように見える」「ゆっくりと持続的に金利を引き上げていくことは適切であり、おそらく数カ月以内にそれが行われるだろう」と述べた。賃金の伸びが遅いことはイエレン議長も気にしているが、その後発表された4月の米個人消費支出が強かったことから、FRBの利上げは6月か7月かで接戦模様になってきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧