ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
医療・介護 大転換

介護のあるべき方向性を示す「地域包括ケアシステム」とは?

浅川澄一 [福祉ジャーナリスト(前・日本経済新聞社編集委員)]
【第56回】 2016年6月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

高齢者ケアの将来像を示す羅針盤

 日本の高齢者施策の目標は「地域包括ケアシステム」の実現とされている。団塊世代が75歳を迎える2015年には、その目標を達成させようというプランだ。75歳になると心身の老化が進み、介護保険や医療保険を本格的に利用し始める。ところが、現行の介護保険制度では十分に対応できそうもないので、新たに「地域包括ケア」の考え方で乗り切ろうということだ。

 最新の2015年度の「地域包括ケアシステム」の報告書を地域包括ケア研究会(座長は田中滋・慶応義塾大学院名誉教授、メンバーに堀田聡子・国際医療福祉大学大学院教授、高橋紘士・高齢者住宅財団理事長、新田国夫・日本在宅ケアアライアンス議長など10人)がまとめた。2008年度に同研究会が第1回目の報告書を提出して以来5回目となる。

 「地域包括ケア」という言葉が初めて登場したのは2003年6月に「高齢者介護研究会」(座長に堀田力・さわやか福祉財団理事長、委員に樋口恵子・高齢社会をよくする女性の会代表など10人)が作成した「2015年の高齢者介護」の報告書であった。以降、2008年に発足した地域包括研究会が改定を重ね、「進化」させてきた。

 「2015年の高齢者介護」では、地域包括ケアを「保健・福祉・医療の専門職相互の連携、さらにボランティアなどの住民活動も含めた連携によって、地域の様々な資源を統合した包括的なケア」と位置付けて提言した。

 これを引き継いで地域包括ケア研究会が、報告書を発表してきた。第1回の報告書が出たのは2008年度末。居住環境の重要性を指摘して「住宅サービス」が盛り込まれるとともに、在宅医療が強調された。

 翌2009年度末に第2回、暫くあけて2011年度の第3回、2013年度に第4回、そして最新の第5回が今回ということになる。

 同研究会の構成メンバーは毎回9人か10人。全5回で相当に入れ代わっている。ずっと名を連ねているのは、田中滋さん、高橋紘士さん、それに兵庫県立大大学院教授の筒井孝子さんの3人だけだ。

 これまでの報告内容は、その多くが国の施策に取り込まれてきた。いわば、高齢者ケアの将来像を示す羅針盤のような役割を果たしている。介護のあるべき方向性をはじめ、改変されるべきサービスやその担い手のほか、医療の関わり方まで広範囲に叙述されている。

 国の大方針とは言いながら、実はこの10年間にその中身が大きく変容している。当事者の策定委員は「進歩させてきた」としているが、果たして本当に「進歩」なのだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

浅川澄一 [福祉ジャーナリスト(前・日本経済新聞社編集委員)]

あさかわ・すみかず/1948年2月東京都中野区生まれ。東京都立西高校から慶應義塾大学経済学部に。1971年日本経済新聞社に入社。小売り・流通業、ファッション、家電、サービス産業などを担当。87年に月刊誌『日経トレンディ』を創刊、初代編集長を5年間勤める。93年流通経済部長、95年マルチメディア局編成部長などを経て、98年から編集委員。高齢者ケア、少子化、NPO活度などを担当。2011年2月に定年退社。同年6月に公益社団法人長寿社会文化協会常務理事に就任。66歳。

 


医療・介護 大転換

2014年4月に診療報酬が改定され、ついで6月には「地域医療・介護総合確保推進法」が成立した。これによって、我が国の「医療」「介護」大転換に向けて、第一歩が踏み出された。少子高齢化が急速に進む中で、日本の社会保障はどう大きく変革するのか。なかなかその全貌が見えてこない、医療・介護大転換の内容を丁寧に解説していく。

「医療・介護 大転換」

⇒バックナンバー一覧