長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉
【第27回】 2016年6月9日 樋口直哉 [小説家・料理人]

ドイツ人妻を亡くした音楽評論家を救ったバッハとソーセージ

イラスト/びごーじょうじ

「戦後日本の音楽は吉田秀和の作品である」と丸谷才一は言った。東京・日本橋で生まれ、幼い頃から西洋音楽に親しんで育った吉田秀和。伊藤整に英語を、中原中也からはフランス語を習い、小林秀雄とも親しかった。戦後、音楽評論の道に進み、指揮者の齋藤秀雄らと創設に関わった「子供のための音楽教室」は、指揮者の小澤征爾、ピアニストの中村紘子、チェリストの堤剛などを育て、後の桐朋学園音楽部門の母体となる。

 吉田の功績を語る上で欠かせないのは気品溢れる文章である。音楽という言葉にならないものを見事に表した文章は日本語表現の一つの理想、といっていい。その評論領域は音楽だけにとどまらず美術や相撲にまで及んだ。

 NHK制作の『言葉で奏でる音楽~吉田秀和の軌跡~』という番組に吉田の日常が垣間見える。

「午前、6時起床。4年前に妻を亡くし、現在1人暮らしの吉田さんの1日は朝食作りから始まります。3分半ゆでた半熟卵に紅茶、ドイツパン、コーンフレーク、ヨーグルト。メニューはここ何十年変わっていません」

「ソーセージなどの肉類は毎日のように食卓に並びます」

 というナレーションと共に紹介される食卓にはドイツ人だった妻バーバラの影響がある。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る

樋口直哉 [小説家・料理人]

1981年生まれ。服部栄養専門学校卒。料理人として活動する傍ら、2005年、『さよならアメリカ』で群像新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。ほかの作品に『月とアルマジロ』(講談社)、『大人ドロップ』(小学館)、『星空の下のひなた。』(光文社)、『ヒマワリのキス』(徳間書店)、『アクアノートとクラゲの涙』(メディアファクトリー)がある。

 


長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉

1日でも長く生きたい――。きっと多くの人が望むことだろう。では、実際に長生きをした人たちは何を食べてきたのか。それを知ることは、私たちが長く健康に生きるためのヒントになるはずだ。この連載では、歴史に名を残す長寿の人々の食事を紹介。「長寿の食卓」から、長寿の秘訣を探る。

「長寿の食卓~あの人は何を食べてきたか~ 樋口直哉」

⇒バックナンバー一覧