ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今月の音盤セレクション ビジネス・パーソンのための音楽案内

実は時代の前衛だったバッハ、ベートーヴェン、ブラームス

小栗勘太郎 [音楽愛好家]
【第8回】 2015年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
音楽の授業で習うクラシックは現代音楽にも深く通じている?

 世の中には、音楽が溢れています。ロック、ジャズ、ブルース、Jポップ、演歌・歌謡曲、レゲエ等のワールドミュージック、そしてクラシックまで百花繚乱。素晴らしいことですね。でも、クラシック音楽には常にある種の権威がつきまといます。中学、高校の音楽の授業は堅苦しく、歴史に残る名曲だからと聴かされても、即座に好きになれるようなサウンドではありません。

 とは言っても、クラシック=古典。作曲されて100年、200年、更にはそれ以上の時間を超えて、今も演奏されている訳です。只事ではありません。そこに相当のチカラが宿っています。でなければ、単なる時代の所産として瞬く間に忘れ去られてしまったでしょう。

 そのクラシック音楽をもっと等身大で親しみやすく紹介したいと思います。小栗勘太郎&ダイヤモンド流のクラシック音楽入門です。取り上げるのは、クラシック音楽の王道中の王道であるバッハ、ベートーヴェン、ブラームス。そう世に言う『独逸3B』です。

 3Bは、今では権威の権化の如く扱われています。彼らの音楽の持つ強靭なチカラを考えれば当然かもしれません。しかし、彼らが生きた時代においては、彼らの音楽は時代の遥か先を行く前衛そのものだった、と言っても過言ではありません。であるが故に、時代を超えることができたのです。そのスピリッツにおいて、ロックやジャズの音楽家に近い感性を持っていたとも言えます。その証拠に、彼らの音楽は今も強烈に息づいています。

20世紀最先端ロックを彩ったバッハ

 ピアノを本格的に習う人であればある段階で必ず「平均率クラヴィーア曲集」(写真はグレン・グールド盤)の中から数曲は弾くはずです。“第1巻、第6番ニ短調プレリュード”は、メランコリックな旋律が印象的な佳曲です。この曲はプログレッシブ・ロックの雄エマーソン・レイク&パーマー(ELP)の最高傑作「タルカス」(写真)に収録されている“オンリー・ウェイ”で登場します。教会のオルガン的な響きで幕を開ける荘厳な賛美歌的な雰囲気の曲ですが、途中ドラムとベースが参加して楽曲全体が加速するところで、バッハの平均率が顕れます。完全に曲に同化していて、賛美歌がロックに変貌遂げるのです。その上で、バッハの原曲を聴くと、そこにはリズムや旋律、更には転調を繰り返す和声の展開があり、ロック/ジャズ的なエネルギーが潜んでいることが分かります。ELP「タルカス」が発表されたのは1971年、バッハが平均率・第1巻を完成させたのが1722年です。250年を経て、20世紀の最先端ロックを彩った訳です。

 余談ですが、ELPは、20世紀のロックとクラシック音楽を独自の視点で融合したバンドです。バッハに限らず、ムソルグスキー、バルトーク、コープランド、ホルスト、チャイコフスキー等々を引用し、音楽の本質を衝いています。代表作は「展覧会の絵」(写真)で、目から鱗の名盤です。

 1685年生まれのバッハが作曲した数々の曲が現代にも使用されている例は枚挙に暇がありませんが、代表的な例を挙げます。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

小栗勘太郎 [音楽愛好家]

1958年生まれ、牡羊座のB型。某国立大学卒、米国滞在5年。公僕を生業とする音楽愛好家。著書は『音楽ダイアリーsideA』 『同sideB』(西日本新聞社)。『毎日フォーラム』誌にて「歴史の中の音楽」を連載中。


今月の音盤セレクション ビジネス・パーソンのための音楽案内

昨今は腰を据えて音楽を楽しむ機会も少なくなってきたが、初めて買ったあの曲、夢中になって何度も聴いた曲、時代を席巻した名曲をまた聴いてみたい――と思い出すビジネスパーソンも少なくないはずだ。「今月の音盤セレクション」では、月ごとのテーマに合わせた音盤をセレクト。何年かぶりにじっくり聴きたい、心にしみるあなただけの名曲が見つかるかもしれない。

「今月の音盤セレクション ビジネス・パーソンのための音楽案内」

⇒バックナンバー一覧