ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビッグスリー敗者復活戦の真実

GM、フォードが狙い撃ちする
トヨタ「カローラ」のアキレス腱

【第7回】 2010年9月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「カローラ」といえば、トヨタ自動車が誇る世界のベストセラー車だが、その売れ行きを支えてきた米国でこのところ、製品競争力の低下を指摘する専門家が増えている。そこに起きた8月のリコール。年後半にはゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーターが対抗車種を投入する予定であり、逆風はさらに強まりそうだ。(文/ジャーナリスト、ポール・アイゼンスタイン)

 8月下旬、トヨタ自動車にとって米国市場で今年15件目となるリコールがあった。電気系統の不具合で走行中にエンジンが突然停止する恐れがあり、修理の必要があるというもので、対象は113万台(カナダ、メキシコを合わせると136万台)に及んだ。大半はコンパクトカーの「カローラ」である。

 数年前、それまで首位を占めていたフォルクスワーゲン「ビートル」を超えて以来、カローラは常に世界で最も人気の高い車種だった。同じく重要な(そしてより切実な)点は、トヨタにとってカローラは、競争の激しい成長市場である米国のコンパクトカー部門におけるベストセラー車であるということだ。だが、自動車業界アナリストの多くは、その優位もあまり長くは続かないかもしれないと警告している。

 不安材料は、リコールの影響だけではない。オートトレンズ・コンサルティングのジョー・フィリッピは、そもそもの問題として米国勢を中心とした競合メーカーがかなり競争力を増していると指摘する。

 しかも、「今年末までに、米国勢がコンパクトカー・セグメントに非常に優れた車種を2つ投入してくる可能性が高い」とフィリッピは語る。

 コンパクトカー市場における対抗車種として、フィリッピが(そして米国の購入者が)思い浮かべる候補は、フルモデルチェンジするGMシボレー「クルーズ」と、モデルチェンジが予定されているフォード「フォーカス」である。

 同セグメント全体の傾向でもあるが、両車種ともサイズは少し大きくなっているのに、旧型に比べ燃費は大幅に改善されている。1.4リットル・ターボの「エコテック」エンジンを搭載するクルーズの燃費は40マイル/ガロン(約17キロメートル/リットル)だ。フォーカスも、「エコブースト」と称する新型4気筒エンジンをオプションで選択すれば、同じような燃費水準に近づくだろう。

 さらに重要なポイントは、GM、フォードともコンパクトカーに対する古典的なアプローチを捨てたということである。

 シボレー「キャバリエ」やフォード「エスコート」など過去の車種は、オートパシフィック社を率いるジョージ・ピーターソンの言葉を借りれば、「ブリキ缶」に毛が生えたようなものだった。デザインもいい加減なら装備も最小限。パワー不足で、売りは低価格。販売先は営業車用途や価格最優先の購入者だけだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


ビッグスリー敗者復活戦の真実

GM、クライスラーの破綻で瀬戸際に追い詰められた米自動車産業。日本にとっても対岸の火事ではない混乱の舞台裏と敗者復活戦の行方を、デトロイト、ワシントンの二極取材で追う。

「ビッグスリー敗者復活戦の真実」

⇒バックナンバー一覧