ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

EU離脱派はトランプ支持者?
英米の類似性が欧州で話題騒然

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2016年6月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「欧州連合(EU)離脱派は、髪形がましなトランプではないか」──。英紙「テレグラフ」はそんな論評を掲載していた。

 米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏の支持者と、英国におけるEU離脱支持者との類似性が欧州で話題になっているのだ。大西洋の対岸で共通しているのは、経済的に苦しむ白人中間層に鬱積している不満を巧みにくみ取る、ポピュリズム的な政治の台頭である。

英南西部ブリストルに現れた、英国のEU残留派が描いた巨大な壁画。トランプ米大統領候補(左)とジョンソン前ロンドン市長(右)がキスを交わしている Photo:Press Association/アフロ

 「テレグラフ」は世論調査を基に、EU離脱派の典型的人物像を描いた。英国東部などの地方に在住する60歳超の男性で、高卒、熟練工員のイメージだという。

 そういう人々の中には、東欧から来た低賃金の勤勉な移民のせいで賃金が上がらない、あるいは仕事を奪われたという不満を持っている人が多い。米国中西部の白人中間層が中南米からの移民を嫌がる傾向と似ている。

 他方、EU残留派の典型例は、大卒の若い世代で、上級・中級管理職、または医者や弁護士などの専門職だそうだ。彼らはグローバリゼーションが英経済を成長させてきたと信じている。同様の傾向は米国沿岸部の大都市に住む専門職の人々にも見られる。

 EU離脱派のリーダー的存在であるボリス・ジョンソン前ロンドン市長は、トランプ氏の戦略を見習っているのか、多少の事実の曲解はいとわずに有権者ウケを狙った過激な発言を繰り返している。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧