ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
40代を後悔しない50のリスト【時間編】
【第20回】 2016年7月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
大塚 寿 [エマメイコーポレーション代表取締役]

なぜあの人は勉強時間を確保できるのか?
忙しくても続けられる人の3つの秘密

1
nextpage

若い時は必死に勉強してきた人も、経験と実績が積み上がるにつれて、「もういいだろう」と一丁上がり派の人が増えてくる。特に40代は、プレイヤーとマネジャー、仕事と家庭の「両立」をせざるを得ない多忙な年代。どんなやる気も、忙しさの前では徐々に減退してしまう。そんな中で上手に勉強時間を確保できている人には、どんなコツがあるのだろうか? シリーズ最新作『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』から、一部を抜粋して紹介する。

【後悔リスト20】勉強の時間をなかなか確保できなかった

 仕事が忙しくて、勉強をする時間をなかなか確保できなかった、そもそも気持ちにそんな余裕がなかったと40代の頃を振り返る中高年は、かなりの数に上ります。40代になると成果としてのアウトプットが重視されるため、ややもすると新しい知見を身につけるための勉強や教養を身につけるための読書は軽視されがちです。

 若い頃にたくさん勉強もしたし、読書もしてきたので「もういいだろう」という一丁上がり派という人たちも少なくありません。

 しかも、これまでも述べてきたように自分の仕事だけでなく、部下、上司、顧客、家族に振り回されて、自分のための勉強時間や読書時間の優先順位は常に下位をさまよっているのです。

 IT業界のH田さんの場合もそれが原因で40代になって受験した「システム監査技術者」の試験に落ちてしまいました。彼はシステム監査の部門でのキャリアが長く、多くの現場を経験し、豊富な知識と業務スキルをもってマネジャーとしての役割を果たしていたので、それまでの経験があれば大丈夫だろうと高をくくっていたのです。

 新しい技術やスキルを学ぶことを止めてしまった先輩社員が、どんどんリストラされていくのを目の当たりにしていたために、H田さんはそこで強い危機感を覚えました。今、40代で勉強しないと、いずれ本当に使い物にならなくなってしまうかもしれないと。

 そこで、忙しいというのを言い訳にせず、どうすれば勉強する時間を確保できるかを真剣に考え始めました。彼が見出した方法は、私が成功者たちから聞いた勉強法とも重なるところが多く、ポイントをあげれば、次の三点があります。

(1)勉強する「時間」と「場所」を固定する
(2)勉強時間を計画に組み込み「習慣」にする
(3)一度にすべてやろうとせず「一点突破」から始める

 H田さんはこれまでの経験から、毎日必ず訪れるルーティンの時間に勉強を習慣として振り分けておかないと続かないことを知っていたといいます。家に帰ると、ついダラダラしてしまうので、平日は朝早く起きて、毎日会社の近くの喫茶店で一時間勉強するルーティンにすることと、週末の午前中は地元の図書館の自習室で勉強するというルールにしたのです。また、テキストを音読したものを録音し、通勤時と移動時間、つまりは電車に乗っている時間に耳から聴くというのも習慣にしました。

 似たようなことをやっている人は多いかもしれませんが、勉強する「時間」と「場所」を固定化して、淡々と自動的にルーティンを繰り返すことを徹底したことが継続のコツでした。いつでもどこでも空いた時間でやるというのは確かに利点も多いのですが、予定が狂ったとたんに続かなくなりがちです。

 でも、勉強する時間と場所を固定しておけば、気持ちの面でも勉強モードに切り替わりやすく、スケジュールに組み込んでおくことで、習慣にもなりやすいのです。通勤中や就寝前の読書が続くのと同じ原理です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


 

大塚 寿(おおつか・ひさし) [エマメイコーポレーション代表取締役]

1962年、群馬県生まれ。株式会社リクルートを経て、アメリカ国際経営大学院(サンダーバード校)でMBAを取得。現在、オーダーメイド型企業研修を展開するエマメイコーポレーション代表取締役。
挫折の多かった10代、「もっとやれるはずだ」という想いと現実とのギャップに悶々とした20代を過ごした。なんとか現状を変えようと、リクルートの営業マンという立場から、社内外の大手企業・中小企業の管理職や経営者1万人以上にアドバイスを求めるが、その中でも40代を後悔している人が特に多いことを発見。その轍を踏まないように準備し、40代で自己実現を果たす。歴史上の成功者よりも、身近な市井の人の成功・失敗に学ぶことの合理性を痛感している。
著書にシリーズ累計28万部の『40代を後悔しない50のリスト』『30代を後悔しない50のリスト』『結婚を後悔しない50のリスト』(以上ダイヤモンド社)など多数。


40代を後悔しない50のリスト【時間編】

シリーズ累計28万部突破! 人生最大の分かれ道は「時間の使い方」で決まる!
元リクルートの営業マンだった著者が、これまで出会った管理職・経営者・定年退職者1万人以上にインタビューしてわかったのは、40代こそが「人生最大の分かれ道」だということ。そして、40代が最も後悔していることこそ「時間の使い方」だった。「仕事と家庭」「自分の仕事と部下のマネジメント」「自己実現と出世」「夫と父」「妻と母」など、限られた時間の中でバランスを取り続ける両立世代が、自分らしい生き方・働き方を取り戻すには? 計画術から習慣術、仕事術、マネジメント術、バランス術まで、『40代を後悔しない50のリスト【時間編】』から一部を抜粋して紹介する。
 

「40代を後悔しない50のリスト【時間編】」

⇒バックナンバー一覧