ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
幸せになる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え2
【第7回】 2016年6月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
岸見一郎 [哲学者]

「他人の評価軸」に
振り回されないために
経沢香保子×岸見一郎 対談【前編】

1
nextpage

女性マーケテングを手がけるトレンダーズを起業し、2012年に当時女性社長として最年少で東証マザーズに上場を果たした経沢香保子さん。現在は1時間1000円〜スマホで即日の予約手配も可能なベビーシッターサービス「キッズライン」を展開し、今年4月には新著『すべての女は、自由である。』を出版しました。そんな経沢さんは、『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』に触れ、アドラー心理学の虜になったといいます。若手女性経営者として時代の寵児となったものの、その後、公私ともに数々の困難にぶち当たってきた経沢さんは、アドラーの思想のどのような部分に惹かれたのでしょうか。著者の一人である岸見一郎氏との対談を2回にわけてお届けします。(構成:宮崎智之、写真:石郷友仁)

人生の困難にぶつかった時、
取るべき態度

経沢香保子(つねざわ・かほこ)
キッズライン代表。桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳の時に自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。2014年に再びカラーズを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社会を実現するべく、1時間1000円~即日手配も可能な安全・安心のオンラインベビーシッターサービス「キッズライン」を運営中。著書に、『自分の会社をつくるということ』(ダイヤモンド社)などがある。 日々の発信facebookTwitter

経沢香保子(以下、経沢)『嫌われる勇気』『幸せになる勇気』ともに拝読させていただき、とても感銘を受けました。私の中では勝手に「赤本」「青本」と呼ばせてもらっています。

岸見一郎(以下、岸見) たしかに、装丁が青と赤ですからね(笑)。

経沢 岸見先生に伺いたかったんです。私の著書『すべての女は、自由である。』は、「自由」をテーマに書いたのですが、ちょっとアドラーっぽくないですか?(笑)

岸見 そうですね。私も、まず「自由」という言葉が気になりました。でも、裏を返せば自由という言葉が出てくる時点で、本当の自由ではないんですよね。

経沢 え、でもなるほどですね!

岸見 本当に自由な人は、「自由である」という発想はしないので、どういうことなのかなと思いながら読み進めました。驚いたのは、経沢さんは、非常に大きな人生の難局を、何度もくぐりぬけてきていらっしゃる。

経沢 ある意味、サバイバーなんです。3000万円の詐欺にあったり、自分で作った会社を苦渋の選択で辞めたり、離婚を2度したり。子どもを難病で亡くしたことも正直に書かせていただきました。

岸見 経沢さんの人生に向き合う態度や意思決定が、アドラー心理学の考え方に似通っていると思いました。人生の困難にぶつかった時に取り得る態度は、三つしかありません。一つは、楽天主義。つまり、「なんとかなるさ」です。大変な問題にぶつかっているのに「なんとかなるさ」と考え、結局なにもしない。でも、経沢さんは、そういう人ではないですよね。なぜなら経沢さんが直面した困難は、そのままではなんともならないですから。「なんとかなるさ」と言っている場合ではないような、数々の困難を経験されてきている。もう一つは、真逆の「悲観主義」です。このタイプも悲観するだけで、なにも前に進めようとしない。本当に取るべき態度は、「楽天主義」でも「悲観主義」でもなく、「楽観主義」です。

経沢 なるほど、「楽観主義」ですね。

岸見 「楽観主義」は、「なんとかする」という考え方です。そういう力強さを、経沢さんのご著書から感じました。私が直面した困難の比ではない経験をされている。とても勇気をもらいました。

経沢 先生からそんなふうに言っていただけるなんて。うれしいです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


岸見一郎[哲学者]

きしみ・いちろう/1956年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学。専門の哲学(西洋古代哲学、特にプラトン哲学)と並行して、1989年からアドラー心理学を研究。精力的にアドラー心理学や古代哲学の執筆・講演活動、そして精神科医院などで多くの“青年”のカウンセリングを行う。日本アドラー心理学会認定カウンセラー・顧問。


幸せになる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え2

ミリオンセラー『嫌われる勇気』の続編『幸せになる勇気』がついに刊行。
3年ぶりに哲人を訪ねた青年が語る衝撃の告白。それは「アドラーを捨てるべきか否か」という苦悩だった。アドラー心理学は机上の空論だとする彼に「あなたはアドラーを誤解している」と哲人は答える。アドラーの言う、誰もが幸せに生きるためにすべき「人生最大の選択」とは何か?
あなたの人生を一変させる哲学問答、再び!

「幸せになる勇気──自己啓発の源流「アドラー」の教え2」

⇒バックナンバー一覧