ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

シャープ 片山幹雄社長インタビュー
「アクオスを売るセットメーカー
パネルを売るデバイスメーカー
二足のわらじで世界へ出る」

週刊ダイヤモンド編集部
2010年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

シャープにとって南京プロジェクト(記事参照)は、片山幹雄社長の掲げる「地産地消戦略」の第一歩と位置づけられており、社運を賭けたものだ。今、あえてシャープが海を渡ることにどんな意味があるのか。片山社長に聞いた。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 片田江康男)

シャープ社長 片山幹雄
Photo by Masato Kato

──なぜこのタイミングで「地産地消戦略」なのか。

 「UV2A」という技術の差別化ができたからだ。液晶テレビがもっと普及するためには低消費電力でコストの安い液晶パネルが必要。これに対して開発したのが「UV2A」だ。従来より明るくコストは安い。環境にも向いている。

 今後、日本から材料や液晶パネルを送って現地で組み立てるなんて考えられない。日本でのコスト、たとえば人件費などの製造コストが今後下がることは考えにくい。関税や為替の問題もある。だから地産池消を進める。

──その地産地消戦略はシャープの培ってきた液晶パネル製造の「前工程」を海外に出そうというものだ。今まで、技術流出を嫌って日本産にこだわってきたが方針を変えたのか。

 根本は変わっていない。シャープはものづくりの会社であり、技術開発が中心の会社だ。これは変えようもない。

 世界の人口は60億人だ。だが薄型テレビ市場はわずか2億台程度。今後5億台、10億台という市場になっていくだろう。そのときにわれわれシャープがどう世界に出て行くのか。シャープ1社の力で世界制覇は難しい。世界で戦っていくためにはパートナーが必要で、今回、そのパートナーが見つかった。それが中国政府であり、南京市政府だ。

 技術に関する知的財産権について、きちんと守っていただくということは、当然パートナーにもお約束いただいている。なにもいたずらに技術を拡散しようとしているわけではない。技術力はシャープの生命線だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧