ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド 企業特集

長谷工コーポレーション 大栗育夫社長インタビュー
「10年後の世帯減に備え、
フロー(新築)とストック(既築)の
“両輪”の経営を目指す」

2010年10月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ストックビジネスの強化──。今年4月に長谷工コーポレーションの社長に就任した大栗育夫氏は社内に向かってこの言葉を繰り返し強調している。ストックビジネスとは、マンションの新築・販売をフローのビジネスとするならば、既築のマンションを軸に管理業務やリフォームなどから、継続的に収益を上げていくビジネスのことである(記事参照)。大栗社長はなぜストック事業の強化にこだわるのか。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 山本猛嗣)

長谷工コーポレーション社長
大栗育夫(おおぐり いくお)
Photo by Kazutoshi Sumitomo

 ストック事業を重視する方針については、2002年4月に策定した再建計画でも掲げており、03年4月にストック事業を強化・育成するための新会社「長谷工アネシス」を設立するなど、積極的に取り組んできた。

 社内では「フロー(新築)とストック(既築)の両輪でやっていこう」と声をかけて進めてきたが、まだまだ業績には大きな開きがあるのが実情である。

 フローである新築分譲マンションの供給は、1999年から7年間、首都圏で8万戸超、近畿圏で3万戸超という状況が続いて、マンションブームが生じていた。それがマンション価格の高騰などにより7万戸、6万戸と減少して、リーマンショック後の09年には首都圏で約3.6万戸、近畿圏で約2万戸まで落ち込んでしまった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


週刊ダイヤモンド 企業特集

経済環境が激変するなか、企業が成長を続けるためには、従来の価値観に捉われない長期的な視点による経営戦略が必要だ。経営課題を克服して自社の強みを伸ばすための秘訣を、大企業の経営戦略から紐解いてみよう。

「週刊ダイヤモンド 企業特集」

⇒バックナンバー一覧