ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネススキル大全
【第7回】 2016年8月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤井 孝一

3分でわかる時間管理術!自分の価値観に沿って人生をコントロールする

1
nextpage

「時間がない」「忙しい」「そんな暇はない」などと、言い訳をしている人は少なくないのではないでしょうか。大事なのは、未来につながるようなことに時間を投資することです。時間をコントロールして、将来のための時間を作りましょう。
思考法から発想術、文章術、読書術、プレゼン術、図解術、交渉術、成功哲学まで、本当に使える仕事術を1冊に凝縮した新刊『ビジネススキル大全――2時間で学ぶ「成果を生み出す」全技術』より抜粋し、紹介していきます。

「時間がない」と言い訳する人のためのスキル

 「夢を叶えるために、何かやっていることはありますか?」と聞かれたら、堂々と「これを毎日欠かさずやっています」と答えられる人は少ないのではないでしょうか。そして、その言い訳として最も多いのが「時間がない」というものです。でも本当に「時間がない」のでしょうか?

 それ以前に、「時間」について、考えたことがあるでしょうか?「時間」とはいったい何でしょう?「時間がない」という言い訳をしている人たちは、自分の時間は自分でコントロールできないものだと思い込んでいるのです。諦めていると言い換えてもいいでしょう。

 講演家で作家のハイラム・W・スミスは「あなたは時間をコントロールできる」と断言します(『TQ』)。本書は、時間に関する多くの気づきを与えてくれました。

 私は社会人になったばかりのころ、上司や先輩に言われるままに突っ走っていました。やらなきゃいけない作業は次々とやります。いつ終わるのかわからない、仕事をどんどんこなしていくうちに、ちょっと変だぞと思うようになりました。効率よく仕事を処理しても、さらに仕事を振られるだけだということに気づいたのです。

 以来、私は未来につながるようなことに時間を投資しようと思いました。私たちはどうしても目の前の仕事にばかり目がいってしまい、長期的な利益を後回しにしてしまう傾向があります。時間をコントロールして、将来のための時間を作るのだと、私は決意しました。

出来事をコントロールするという考え方を受け入れる

 ハイラムは「時間とは出来事のことである」と定義しています。「時間とは、出来事が過去から現在、未来へと続いていく連続体である」と辞書(英語版のウェヴスター辞典)にあるように、時間を計る基本的な単位は出来事なのです。

 つまり、時間をコントロールするということは、人生のなかの出来事をコントロールするということになります。そこでハイラムは「コントロールできる出来事」と「コントロールできない出来事」を分けて対処しなさいと言っています。

 世の中にはコントロールできないことがいっぱいあります。たとえば、「日の出の時間」「台風や雨などの気象」「死ぬこと」「株式市場」などです。反対にコントロールできることもあります。「起床時間」「食事」「服装」「健康管理」などです。

 時間をコントロールするという考え方を捨てて、出来事をコントロールするという考え方を受け入れることです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  時間術 , TQ
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



ビジネススキル大全

一般的な仕事のやり方、たとえば思考法や文章の書き方、プレゼンテーションの仕方など、日常の仕事を支えるベースとなるようなスキルを、この先も基本となる古典的書籍から、「これは」というものを抽出して解説したのが、新刊『ビジネススキル大全』です。単にスキルの概略を列挙したものではなく、ポイントは「ビジネスパーソン必修のスキルが一気に学べる」ところ。今後働く業界や会社が変わっても通用する、持ち運びできるスキルを紹介します。

「ビジネススキル大全」

⇒バックナンバー一覧