ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネススキル大全
【第8回】 2016年8月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤井 孝一

3分でわかるコンセプト設計!消費者の心をつかみ、記憶に焼きつかせ行動させる

1
nextpage

コンセプト設計で大事なのは、アイデアです。アイデア次第でたくさんの人の心を動かすヒットが生まれるわけです。つまり、記憶に焼きつくアイデアでなければなりません。そのために必要な6原則をお伝えします。
思考法から発想術、文章術、読書術、プレゼン術、図解術、交渉術、成功哲学まで、本当に使える仕事術を1冊に凝縮した新刊『ビジネススキル大全――2時間で学ぶ「成果を生み出す」全技術』より抜粋し、紹介していきます。

力のあるアイデアとは、人を動かすアイデア

 ビジネスではアイデアが不可欠です。新しいものを生み出すアイデアがないと、ビジネスは衰退せざるを得ないでしょう。過去の成功事例を真似しても成功するとは限らないし、スピードを上げても成功しない時代なのですから。

 答えは見えないし、先行きも見えません。新しいアイデアを出して、どんどん試してみるしかないのです。ただ、アイデアを出すとき、力のあるアイデアとはどのようなものかという本質がわかっていたらいくらでも応用できます。また量産もできるでしょう。

 では、力のあるアイデアとは一体どのようなものでしょうか?

 力のあるアイデアとは、すなわち人を動かすアイデアのことです。「消費者の心をつかみ、記憶に焼きつかせ、実際に行動させるアイデア」と言い換えてもいいでしょう。たくさんの人の心を動かすからヒットするわけで、そのためにアイデアは、記憶に残るものでなければいけないのです。

記憶に焼きつくアイデアの6原則

 記憶に残るアイデアには共通点があります。スタンフォード大学のチップ・ハース教授とダン・ハースらはその共通点を次の6つにまとめてくれました。

 原則1  単純明快であること
 原則2  意外性があること
 原則3  具体的であること
 原則4  信頼性があること
 原則5  感情に訴えること
 原則6  物語性があること

 イスラエル人研究チームは「この6つの原則を理解すれば広告制作の初心者でもいいアイデアを生み出せるかもしれない」と考えました。そして、それを検証するために実験をしました。まず広告制作の初心者を3つのグループに分けます。第1のグループは、製品の予備知識を受け取ったのち、何の訓練も受けずすぐに制作に取りかかりました。それを消費者に試してもらったところ、結果は惨憺たるものでした。

 第2のグループは、経験豊富な制作者から2時間にわたり、自由連想型ブレーンストーミング手法の訓練を受けました。消費者テストの結果は第1グループとさほど変わりませんでした。

 第3のグループは、6つの原則について2時間の訓練を受けました。結果、消費者からズバ抜けて高い評価を得たのです。創造性の評価は他の2つのグループより50%高く、製品に対する好意も55%高くなりました。

 このことは広告だけに限りません。文章を書くときも、講演で話すときも、ビジネスアイデアを模索するときも、あらゆるシーンで活用できます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、4/9~4/15)




ビジネススキル大全

一般的な仕事のやり方、たとえば思考法や文章の書き方、プレゼンテーションの仕方など、日常の仕事を支えるベースとなるようなスキルを、この先も基本となる古典的書籍から、「これは」というものを抽出して解説したのが、新刊『ビジネススキル大全』です。単にスキルの概略を列挙したものではなく、ポイントは「ビジネスパーソン必修のスキルが一気に学べる」ところ。今後働く業界や会社が変わっても通用する、持ち運びできるスキルを紹介します。

「ビジネススキル大全」

⇒バックナンバー一覧