ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中国企業の歩き方

そろそろ”中国版ビッグスリー”も見えてきた!?
これから本格的な拡大を迎える中国自動車市場

戸松信博
【第1回】 2010年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国の自動車販売台数は2006年に日本を抜いて世界2位になり、2009年には米国を抜き、世界最大の自動車販売・生産国となりました。2009年は日本の3倍規模までになっています。

 しかし中国の自動車市場の拡大はこれからが本番だと思います。一般的に1人あたりGDPが3000ドルを超えると、乗用車の普及が急激に進むと言われていますが、中国の1人あたりGDPは2008年に3000ドルを超えたばかりで、これから本格的な拡大が始まるところです。

 実際のところ、日本の1人当たりGDPが3000ドルとなった1970年代初頭から、ピークとなった1995年3万6370ドルまでの間に、日本の自動車産業は著しい発展を遂げました。同じスピード成長が、よりパイの大きな中国でこれから起こると考えられます。ちなみに日本はGDPが天井を打った1995年以降、自動車台数は全く増加していませんので、自動車はGDPとは比例関係にあると思います。世界で最もGDPが伸びていく国は中国ですから、中国は今後、世界で最も自動車市場が拡大していく可能性の高い国と言えると思います。

2009年
中国自動車市場の詳細

 ここで2009年の自動車業界の全体像を見てみましょう。

 中国自動車工業協会によると中国の2009年の自動車生産台数は前年比48.3%増の1379.1万台、販売台数は46.2%増の1364.5万台です。

 そのうち、乗用車の生産台数と販売台数は54.1%増の1038.4万台と52.9%増の1033.1万台であり、商用車の生産台数と販売台数は33%増の340.7万台と28.4%増の331.4万台です。販売台数の上位10社、上位10車種は下の表のようになっています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸松信博 [グローバルリンクアドバイザーズ(株)代表取締役社長]

95年より中国株に注目。鋭い市場分析と自ら現地訪問を頻繁に繰り返す銘柄分析スタイルで新興国投資情報を発信。メルマガ読者は3万人を超える。現在は「個人投資家の視点で」をモットーに新興国ファンドの組成・運用を手がけており、多くの投資家の支持を集めている。近著に『中国株「黄金の10年」』(小学館)がある。


中国企業の歩き方

中国の産業・企業が目覚ましい発展を遂げている――とは巷間よく語られるが、産業・業界の現状や具体的な企業名となると、案外知られていないもの。そんな、いまさら人に聞けない中国の産業&企業の基礎知識をやさしく、わかりやすく解説。

「中国企業の歩き方」

⇒バックナンバー一覧