ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のエリートがやっている 最高の休息法
【第11回】 2016年8月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
久賀谷 亮

眠りの「洗浄液」で脳の疲労物質を洗い流せ
睡眠の質を高めるマインドフルネス

1
nextpage

「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大学で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』が、発売3日にして大重版が決定する売れ行きを見せている。
最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

▼ストーリーの「背景」について▼
もっと知りたい方はまずこちらから…
【第1回】「何もしない」でも「脳疲労」は消えずに残る
―あんなに休んだのに…朝からアタマが重い理由
http://diamond.jp/articles/-/96908

【第2回】脳が疲れやすい人に共通する「休み=充電」の思い込み
―「疲れ→回復→疲れ…」のスパイラルから抜け出すには?
http://diamond.jp/articles/-/96965

【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。ヨーダ(グローブ教授/イェール大)のアドバイスの甲斐もあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。しかし、あいかわらずナツ本人には疲労が蓄積しているようだ。
久賀谷 亮
Akira Kugaya, PhD/MD
医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経学科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。
2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。
脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。

日本人は「最高の休息法」を知っていた!

 「ほう!それは朗報じゃな。スーパー!!」

瞑想への参加者が現れたという報告を聞いて、ヨーダは喜びを隠さなかった。私は曖昧に頷いた。始業前の瞑想をはじめて4日目、最初に瞑想スペースに寄ってくれたのはカルロスだった。厨房で働く2人の男性のうちの一方だ。

 「ナツ、ちょっとだけつき合うよ。なんか面白そうだなと思ってね」

いつもキョロキョロとして好奇心の強そうな彼のことなので、おそらく興味本位で参加することにしたのだろう。

カルロスは〈モーメント〉のどんよりとした雰囲気の中では、最も活力を感じさせるキャラクターだと言っていい。よく言えばムードメーカー、悪く言えばお調子者。ややもすればお通夜のようになりそうなバックヤードでも、彼がほかのメンバーに話しかけたり冗談を言ったりしてくれるおかげで、ずいぶんと息苦しさが緩和されている。注意散漫なようでいて、人の気持ちを敏感に察するところもあるので、あまりに孤独な私を気遣ってくれたのかもしれない。

とはいえ、彼の集中力は、私以上にひどかった。呼吸法をはじめても、1分も経たないうちにしびれを切らしてしまう。「眠くなりそうだ」「腹が減った」と言い出したり、「そういえば面白い話があってね……」などと雑談をはじめようとする。

私が呆れていると、しばらく経ってから「あ、そうだ、瞑想をしてたんだったね。忘れてたよ……で、呼吸をどうするんだっけ?」などと言って屈託なく笑っている。〈モーメント〉で起きるミスのほとんどの原因が、このカルロスにあると言われている理由が改めてよくわかった。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


久賀谷 亮(くがや・あきら)

医師(日・米医師免許)/医学博士
イェール大学医学部精神神経科卒業。
アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。
日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、
イェール大学で先端脳科学研究に携わり、
臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。
そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。

2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。
同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、
最先端の治療を取り入れた診療を展開中。
臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。

脳科学や薬物療法の研究分野では、
2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、
「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。
主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。


世界のエリートがやっている 最高の休息法

イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす、科学的に正しい「脳の休め方」とは? 脳の消費エネルギーの60〜80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。これは、脳が意識的な活動をしていないアイドリング状態でも動いている脳回路。この回路が働き続ける限り、ぼーっとしていても、脳はどんどん疲れていくわけです。つまり、DMNの活動を抑える脳構造をつくり、脳にたしかな休息をもたらすことこそが、あなたの集中力やパフォーマンスを高める最短ルートなのです。

「世界のエリートがやっている 最高の休息法」

⇒バックナンバー一覧