ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のエリートがやっている 最高の休息法

イェール大で学び、米国で18年診療してきた精神科医が明かす、科学的に正しい「脳の休め方」とは? 脳の消費エネルギーの60〜80%は、デフォルト・モード・ネットワーク(DMN)に使われています。これは、脳が意識的な活動をしていないアイドリング状態でも動いている脳回路。この回路が働き続ける限り、ぼーっとしていても、脳はどんどん疲れていくわけです。つまり、DMNの活動を抑える脳構造をつくり、脳にたしかな休息をもたらすことこそが、あなたの集中力やパフォーマンスを高める最短ルートなのです。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「世界のエリートがやっている 最高の休息法」の全記事一覧
  • 第24回 一流の人はなぜ、瞬時に判断を変えられるのか? 【特別対談】中西哲生×久賀谷亮(最終回)

    [2016年11月12日]
    発売3ヵ月にして早くも10万部を突破する売れ行きを見せ、人気テレビ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)でも大きく取り上げられた『最高の休息法』だが、中西哲生氏は同書の発売当初からいち早く著者・久賀谷亮氏のマインドフルネス解説に注目していたという。中西氏の「正しい姿勢」「正しい呼吸」への探求心はとどまることを知らず、ついには正しい呼吸をするための「正しい舌の位置」を発見したという。仏教にも通ずるというその呼吸法とは?そして一流選手が瞬時に判断を変えて相手を翻弄できるのはなぜなのか?注目の最終回!!

  • 第23回 一瞬で集中状態になる人がやっている「真のマルチタスク」とは? 【特別対談】中西哲生×久賀谷亮(第2/3回)

    [2016年11月05日]
    スポーツジャーナリスト、ラジオパーソナリティなどとして活躍する元プロサッカー選手の中西哲生氏と、イェール大で学び、アメリカで18年診療してきた精神科医・久賀谷亮氏による対談。発売3ヵ月にして早くも10万部を突破する売れ行きを見せ、人気テレビ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)でも大きく取り上げられた『最高の休息法』だが、中西氏は同書の発売当初からいち早く久賀谷氏のマインドフルネス解説に注目していたという。中西氏が同書を読んで、日常生活に活かしていることとは?また、「効率」を最優先に生きてきた中西氏が自身を振り返ることになったポイントとは?全3回にわたってお届けする連載の第2回。

  • 第22回 緊張感をパフォーマンスに変えられる人の脳内では、何が起きているのか? 【特別対談】中西哲生×久賀谷亮(第1/3回)

    [2016年10月29日]
    スポーツジャーナリスト、ラジオパーソナリティなどとして活躍する元プロサッカー選手の中西哲生氏と、イェール大で学び、アメリカで18年診療してきた精神科医・久賀谷亮氏による対談。発売3ヵ月にして早くも10万部を突破する売れ行きを見せ、人気テレビ番組「世界一受けたい授業」(日本テレビ系列)でも大きく取り上げられた『最高の休息法』だが、中西氏は同書の発売当初からいち早く久賀谷氏のマインドフルネス解説に注目していたという。中西氏はマインドフルネスで、日本のサッカー界にどのような未来をもたらしたいと考えているのか?そして久賀谷氏が中西氏に授けた「最強の集中力」へのキーワードとは?全3回にわたって対談の模様をお届けする。

  • 第21回 「瞑想」で成績アップ!?「集中力のある子」を育てる「脳の休ませ方」とは? 

    [2016年10月22日]
    「ウチの子は落ち着きがなくて…」「宿題をやっていても集中力が続かない…」――そんな悩みを持つ親御さんたちも多いはず。いま、学校など世界中の教育現場で「ある方法」が積極的に導入されつつあるのをご存知だろうか?グーグルなどが社内研修で採用したことで爆発的に話題になり、アメリカなどを中心に大流行している「マインドフルネス」だ。日本で最も好調な売れ行きを見せているマインドフルネス本『最高の休息法』を著した医師・久賀谷亮氏に、「マインドフルネスと子どもの集中力の関係」について聞いた。

  • 第20回 夏疲れリセット!「脳疲労」に効く休日の過ごし方は… 

    [2016年09月16日]
    脳科学・精神医学の最新知見をもとに、最も効果的な「脳疲労の解消法=マインドフルネス」を解説した『最高の休息法』が発売1ヵ月にして4万部を超える売れ行きを見せている。この季節、「どれだけ休んでも、なかなか夏の疲れが抜けなくて…」という方も多いのではないだろうか?今回は「脳の休息」に役立つシンプルなプログラムを紹介する。この秋、休日を有意義に過ごし、今年の残りをエネルギッシュに駆け抜けるためにも、ぜひ参考にしていただきたい。

  • 第19回 「走りながら休める人」がやっている脳の習慣 目前の1歩1歩にフォーカスする力を身につける

    [2016年09月02日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。そんな中、近くに圧倒的人気を誇るチェーンが近隣に新規出店を検討しているとの情報が入った。ナツはスタッフたちのモチベーション低下を懸念して、ヨーダにアドバイスを求める。

  • 第18回 「すぐ立ち直る人」の脳内では何が起きている? 「回復力のある脳」をつくる方法

    [2016年08月31日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。そんな中、モーメントに意外な客がやってきた。

  • 第17回 やる気満々のときほど「扁桃体ハイジャック」に注意しよう 脳から来る「怒り・衝動」に対処するには?

    [2016年08月29日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。そんな中、ナツは大失敗をしてしまう。

  • 第16回 いつも「同じこと」を考えてしまう人は要注意!!その「思考グセ」が脳疲労を招く! 

    [2016年08月26日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店にもスタッフにも変化が現れ始めていた。次々と「脳の疲れ」から立ち直っていくメンバーの中にあって、ナツが気がかりだったのがトモミの存在だった。

  • 第15回 雑念が疲労を呼ぶ──モンキーマインド解消法 「頭の中のサル」を飼い馴らす方法

    [2016年08月24日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。店に活気が戻りつつある中、ナツは「レイジー・デー(怠ける日)」の導入を伯父に掛け合う。

  • 第14回 この「食事×5つの習慣」で脳の疲れを防ぐ 

    [2016年08月22日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(私:小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店に変化が現れ始めていたものの、スタッフの1人・ダイアナは相変わらず非協力的だった。ある週末偶然に、ナツはダイアナが娘との関係に手を焼いている様子を目撃する。

  • 第13回 ストレスからくるコリは「脳から」ほぐそう 疲労は「疲労感」という脳現象である

    [2016年08月19日]
    脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。ヨーダ(イェール大学教授)のアドバイスもあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。しかし、あいかわらず非協力的なメンバーが気がかりなナツは、スタッフの一人、ダイアナについて気になっていることを語り始める。

  • 第12回 ストレスは脳の2部位の「アンバランス」から来る! 他人へのポジティブな感情を培う方法

    [2016年08月17日]
    脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。ヨーダ(グローブ教授/イェール大)のアドバイスの甲斐もあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。しかし、あいかわらず非協力的なメンバーたちのことがナツの気がかりだった。ヨーダは「ポジティブな感情」を育てる方法について語り始める。

  • 第11回 眠りの「洗浄液」で脳の疲労物質を洗い流せ 睡眠の質を高めるマインドフルネス

    [2016年08月15日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。ヨーダ(グローブ教授/イェール大)のアドバイスの甲斐もあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。しかし、あいかわらずナツ本人には疲労が蓄積しているようだ。

  • 第10回 マルチタスクが脳の集中力を低下させる 「リラックスした覚醒状態」を手に入れるには?

    [2016年08月12日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。彼女のアドバイザーであるヨーダ(グローブ教授/イェール大)は、まずは「食事瞑想」を取り入れることを助言する。さらに話は、その背景にある「自動操縦解除」というアイデアに及ぶ。

  • 第9回 ランチ中におすすめ!頭がスッキリする「食べ方」とは? マインドフルネスを高める「食事瞑想」のメソッド

    [2016年08月10日]
    【前回までのあらすじ】伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。彼女のアドバイザーであるヨーダ(イェール大教授)が語ったのは、科学的な研究に基づく「最高の休息法」だった。「マインドフルネス呼吸法」に続き、「もう一つの方法」についてヨーダは語り始める。

  • 第8回 「過去と未来」が頭を占めると、脳疲労が溜まる なぜ「呼吸」に注意するだけで脳が回復するのか?

    [2016年08月09日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったナツ(小川夏帆)は、諸事情により伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになる。彼女のアドバイザーであるヨーダ(グローブ教授/イェール大)が語ったのは、科学的な研究に基づく「最高の休息法」だった。ついに、マインドフルネスが呼吸に着目する真の理由が明かされる。

  • 第7回 自分を操る集中力は「脳の休ませ方」しだい ここ15年で100倍以上に増えた「休息法」研究論文

    [2016年08月08日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったナツ(小川夏帆)は、諸事情により伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになる。脳の疲れを抱えた同店を再建するべく、ヨーダにそっくりな外見のイェール大教授(ラルフ・グローブ)にアドバイスを求める。ヨーダが語ったのは、科学的な研究が進む「最高の休息法=マインドフルネス」だった。「マインドフルネスは脳の活動に影響するだけでなく、脳の構造そのものを変えるほどの力を持っている」――ヨーダはそんな驚くべき事実を語りはじめる。

  • 第6回 「脳のアイドリング」が人間を最も疲れさせる 脳エネルギーの80%をも消費するDMNとは?

    [2016年08月05日]
    【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったナツ(小川夏帆)は、諸事情により伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになる。脳の疲れを抱えた同店を再建するべく、ヨーダにそっくりな外見のイェール大教授(ラルフ・グローブ)にアドバイスを求める。ヨーダが語り始めたのは、科学的な研究が進む「最高の休息法」だった――。

  • 第5回 リゾートやスパだけでは「休まらない」理由 世界のトップジャーナルにも掲載された「科学的な脳の休め方」

    [2016年08月04日]
    「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』がついに発売された。 最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

1
nextpage
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR