ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 人口減少の経済学

人口構造の変化で未来は予測できるか?

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第1回】 2010年10月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 人口構造の変化と経済パフォーマンスとの関連が、注目を集めている。最近では、日本経済の長期的な不調は、人口減少と密接に結びついているという議論がなされている。

 このテーマについては、古くからさまざまな議論があった。比較的最近のものとして、「支出の波」(Spending Wave)という考えがある。これを提唱したアメリカの株価分析者ハリー・デント(Harry Dent)は、「個人支出は45歳くらいにピークを迎えるので、40代半ばの人口の変化と景気や株価動向が相関する」とした。そして、この変動をスペンディング・ウエイブと呼んだ(The Great Boom Ahead、1993)。また、移民が入国するのは30歳くらいの時なので、その変動に14-15年を足したものが、やはり支出の波をもたらすとした。この議論を応用して、デントはつぎのような主張をした。

 1930年代の大不況の時には出生率が低下した。それから45年目は、1970年代から80年代初めになる。したがって、この時期にアメリカの経済が不調になる。確かに、歴史的に見て、アメリカ経済はこの頃不調だった。

 他方、アメリカは1957年頃に「戦後ベビーブーマー」出生のピークを迎えた。また、移民のピークが1990年代にあった。したがって、2007年頃までの期間に株価のブームが訪れることになる。現実にも、確かにアメリカ経済はこの時期に空前の活況を経験した。そして、08年の株価下落は、ベビーブーマーのピーク支出期間が終わったためということになる。

 このように、デントの考えは、きわめて簡単な論理で、アメリカ経済の長期的変動を見事に説明している。

日本の没落を
スペンディング・ウエイブで予言

 デントは、日本の没落を予言したことでも知られている。

 彼は、つぎのように論じた。日本の出生のピークは1930-40年頃なので、スペンディング・ウエイブのピークが1990年頃に訪れる(注)。そして、それ以降は、経済が下り坂になるはずだ。

 デントがこの予測を発表した1980年代は、日本が破竹の勢いで世界経済を制覇しつつあった時代である。それにもかかわらず「日本が没落する」と予測したわけだ。そして、確かに日本経済は、1990年頃をピークとして長期的な衰退過程に陥ってしまったように見える。

(注)正確なデータは、つぎのとおり。1935年から40年までの出生数は、年180-200万人程度であったが、48-50年には230-250万人程度となった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 人口減少の経済学

現在、人口減少が避けられない状況にある日本。人口構造の大きな変化は、経済パフォーマンスやさまざまな問題と深く関連しているが、政策などに十分に考慮されていないのが現状だ。本連載ではそうした状況に疑問を呈すべく、人口減少と経済問題などとの関連性を深く分析していく。

「野口悠紀雄 人口減少の経済学」

⇒バックナンバー一覧