ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

東京のホテル・オフィスビジネスの今後は?森トラスト新社長に聞く

森トラスト社長 伊達美和子

週刊ダイヤモンド編集部
2016年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

父である森章前社長(現会長)の後を継ぎ、6月23日付で森トラストの社長に就任した伊達美和子氏。今後のホテル開発やオフィス事業の見通しを聞いた。

Photo by Toshiaki Usami

──都心でラグジュアリーホテルのオープンが続く一方、足元では高額品などのインバウンド消費は落ち込んでいます。ホテル需要に影響しますか。

 確かに、高額品の消費は意外と短命に終わりました。次のステップとして、日本の知的文化度を楽しむような、よりラグジュアリーな層の外国人に来てもらうことを考えなければなりません。京都だけではなく、東京やほかの地方にもある特徴をわれわれも把握し、PRしていく必要があります。

 海外のホテルの設備やサービスは多様化し、新たな需要を生み出しています。日本では今、どのホテルも好調ですが、次のステップに進むには、海外同様に設備やサービス向上のための投資が必要です。この数年で投資するか否かで、やがて差が出てくるでしょう。

──オフィス事業では現在、東京・虎ノ門や赤坂で開発を手掛けていますが、東京五輪までに都心でオフィスが大量に供給され、賃料下落が懸念されています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧