ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

住友ゴム工業社長 三野哲治
「低燃費タイヤを武器に
タイを世界の輸出拠点へ」

2010年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

──足元では円高、原材料価格の高騰が進んでいる。

 天然ゴムが昨年の倍近い価格で高止まりしており、為替も影響して収益を圧迫している。それらは今後さらに進行する懸念があり、企業努力では吸収し切れない状況だ。海外市販タイヤは昨年秋、5~10%の価格転嫁をしているが、国内市販タイヤは一昨年の秋から据え置いたまま。値上げは客の理解を得られるか難しいが、決断のスピードを上げていく。

──タイへの投資が活発だ。

 中期経営計画として2012年に売上高7000億円、営業利益620億円を掲げている。施策の柱になるのがタイを輸出拠点とするグローバルな生産体制の構築だ。

 タイは自動車産業の集積度が高く、エコカー生産支援政策により今後も自動車生産の高まりが予測される。製造コストも日本に比べ人件費が10分の1程度と安い。生産分の8割以上が欧米や中近東向けだが、タイの国内需要も年5%程度の安定成長が見込まれる。今年前半、政情不安はあったが影響は軽微だった。

 二つある工場は、総投資額1000億円をかけて能力増強を図っており、1日当たりの生産能力を現在の4万本から12年には7万本にし、その後早期に10万本体制にする。

次のページ>> 安値競争には走らない
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧