ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

アスース会長 施 崇棠
来春タブレットPCを発売
市場ニーズに合わせて開発

2010年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Kazutoshi Sumitomo

──すでに世界市場では米アップルのiPadや韓サムスン電子のGALAXY Tabが発売されており後発となるが、台湾企業であるアスースもタブレットPCを発売する予定と聞く。

 われわれが端末を開発するときに重要視しているのはユーザーの使い勝手を第一に考えて端末やサービスをデザインすることだ。他社に先駆けて市場に商品を投入するのは確かに大切ではあるが、市場で勝ち残るための要素はそれだけではない。実際にiPhoneは市場に投入された最初のスマートフォンではなかった。

 私は“進化させること”が重要だと思っている。デザインやコンセプトなどをそれぞれの市場のニーズに合わせて進化させ、その市場のユーザーが端末を使用したときの快適性を追求することが第一だと考えている。

──では具体的に日本市場ではどのようなタブレットPCを発売しようとしているのか。

 細かなところはまだ決まっていない。ただ、iPadのディスプレイサイズは9.7インチで、欧米人と違い日本人にとって大きいとか重いとか感じる人がいると聞く。

 ネットブック(EeePCシリーズ)でいえば7インチから12インチまでの商品を開発してきた実績がある。市場のニーズに合わせて違うサイズの商品を発売することになるだろう。日本では2011年3月までに発売する。

次のページ>> わずか13年間で急成長
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧