ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語

【漫画】未来世紀チャイナ
~光太郎とリンのタイムトラベル物語
最終回「このプレゼンに中国の未来を賭けろ!」

月村朝子
【第8回】 2010年11月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回のあらすじ]熱狂のバブル期から一転、今度は夏の芝公園にたどり着いた光太郎とリン。そこには、会社をリストラされた営業マンや、内定を取れない就活中の学生たちが溢れていた。困惑するリンに対して光太郎は、政府・日銀による金融引き締めに端を発するバブル崩壊により、日本で深刻な就職氷河期が起きていることを説明する。現在の中国でも顕在化しつつある不動産バブル崩壊の兆しに思いを巡らせ、リンは大きな不安を覚える。輝かしい日本経済のなれの果てを目の当たりにした2人は、「もう元の中国に戻りたい」という思いを募らせ、公園のトイレに消えて行くのだった。(全8話 漫画・月村朝子)

次のページ>> こちら
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語

ダイヤモンド社と株式会社シンクのコラボでお届けする「デジタル経済漫画」。第3弾は「未来世紀チャイナ」(全8話、漫画/月村朝子)。中堅百貨店の中国法人に赴任中の新人企画マン・山上光太郎は、総経理直々に、手詰まり感がある会社経営の現状を打開するための戦略レポートを作成するよう命じら、途方に暮れる。週末、ガールフレンドのリンと上海万博を訪れた光太郎は、ひょんなことから過去の日本へタイムスリップしてしまい、様々な歴史的経済事件の現場を目の当たりにする。果たして2人は、無事2010年の上海に戻ることができるの

「【漫画】未来世紀チャイナ~光太郎とリンのタイムトラベル物語」

⇒バックナンバー一覧