ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シニアシフトの衝撃 超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法

いま、産業界では「シニアシフト」が加速している。「シニアシフト」は世界的な時代の流れであり、待ったなしである。会社の長期にわたる持続的な成長のためにも、この動きに乗り遅れることなく、いますぐアクションを取ることが大切だ。

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「シニアシフトの衝撃 超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法」の全記事一覧
  • 最終回 「高齢者にやさしい」と
    高齢者に受け入れられない!? 

    [2012年12月17日]
    高齢化で世界の先頭に立つ日本は、シニアビジネスの機会が世界のどこよりも早く顕在化する。このため他国に先駆け、いち早く商品化・市場投入できる優位性を持っている。日本発のシニアビジネスは、グローバル規模で顧客のライフサイクルにわたるビジネスとなり、市場可能性は無限大に広がる。

  • 第4回 120万円の商品が
    60代女性にたちまち完売した理由 

    [2012年12月10日]
    一般にシニアは資産持ちだが、漠然とした将来の不安を持っていて、日常消費は倹約志向が強い。しかし、固い財布の紐をゆるめ、消費につなげるアプローチがある。それは、わくわく消費、当事者消費、元気消費という形で現れる。実は、これらの消費形態は、私たちの脳を中心とした身体の変化に関係する。

  • 第3回 スマートシニアが、市場をここまで変える! 

    [2012年12月03日]
    シニア消費100兆円と言われるが、この数値には高齢者世帯に含まれる「高齢者以外の構成員の消費」も含まれることに注意が必要だ。「シニア世帯=60歳以上」などと、一括りにしてしまうと消費の実態を見誤る。60歳以上でも年代ごとに消費のパターンが異なるからだ。

  • 第2回 シニア消費100兆円の知られざる真実 

    [2012年11月26日]
    シニア消費100兆円と言われるが、この数値には高齢者世帯に含まれる「高齢者以外の構成員の消費」も含まれることに注意が必要だ。「シニア世帯=60歳以上」などと、一括りにしてしまうと消費の実態を見誤る。60歳以上でも年代ごとに消費のパターンが異なるからだ。

  • 第1回 シニアシフトに乗り遅れるな! 

    [2012年11月19日]
    いま、産業界では「シニアシフト」が加速している。「シニアシフト」は世界的な時代の流れであり、待ったなしである。会社の長期にわたる持続的な成長のためにも、この動きに乗り遅れることなく、いますぐアクションを取ることが大切だ。

ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR