ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
企業に学ぶ「勝つための統計学」

大量のデータの収集と分析によって市場や顧客を知るノウハウは、企業にとってビジネスで勝つために必要不可欠なもの。マーケティング分野でビッグデータを活用し、着実に成果を挙げている企業は少なくない。そんな企業たちに「勝つための統計学」を学ぼう。
 

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「企業に学ぶ「勝つための統計学」」の全記事一覧
  • 第5回 世界トップ調査機関に聞く 満足度調査は最初が肝心 

    [2016年10月31日]
    顧客満足度を知りたい──。そうしたニーズを持つ企業は多いだろう。しかし、調査してみたはいいが、結果が生かせずに、骨折り損をした経験はないだろうか。餅は餅屋に聞くのが一番。そこで、世界トップの満足度調査機関である、米調査会社JDパワー アジア・パシフィックの鈴木郁社長に満足度調査実施のポイントを聞いた。

  • 第4回 ビジネスの現場で実践 統計学で差をつける!(2) 

    [2016年10月28日]
    カルビーの主力製品である「ポテトチップス」。スライスして、揚げて、塩などで味付けするというシンプルな製法だけに、原料のジャガイモに製品の品質が大きく左右される。

  • 第3回 ビジネスの現場で実践 統計学で差をつける!(1) 

    [2016年10月27日]
    東京ディズニーランドの最寄り駅となるJR舞浜駅は、JR東日本の中でトップ10に入るほど自動販売機の飲料が売れる駅だ。午前9時台と午後2時台の1日2回、補充をしても売り切れてしまっていた。ただ、駅構内(エキナカ)の自販機は、乗降客への安全面の配慮や階段を通っての運搬から補充を増やすことが簡単ではない。回数を増やさずに売り切れを防ぐべく、2012年夏の販売データを時間帯別に調べた。すると、午後10時台に需要のピークが訪れ、午前9時前にも売り切れが続出していたことが判明した。

  • 第2回 統計学を武器に事業を伸ばすデータ解析ビジネス最前線(2) 

    [2016年08月18日]
    大量のデータの収集と分析によって顧客を知る。マーケティング分野でのビッグデータの活用に注目が集まっているが、派手さはなくとも、データ解析を確実にビジネスに生かす事例は多い。前回に続き、そんな企業や組織の取組みに学ぼう。

  • 第1回 統計学を武器に事業を伸ばすデータ解析ビジネス最前線(1) 

    [2016年08月18日]
    大量のデータの収集と分析によって顧客を知る。マーケティング分野でのビッグデータの活用に注目が集まっているが、派手さはなくとも、データ解析を確実にビジネスに生かす事例は多い。そんな企業や組織の取組みに学ぼう。

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事