ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close Up

豊洲新市場、移転延期でも解決できない根本的欠陥

週刊ダイヤモンド編集部
2016年8月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東京・築地市場の豊洲への移転をめぐり、小池百合子・東京都知事に注目が集まっている。巨費を投じて完成した豊洲市場の建物は、市場関係者のニーズを無視した設計により、まともに機能しない恐れがあるからだ。工事をやり直すわけにもいかず、延期だけでは解決しそうもない。 (「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)

(1)築地市場で荷台の側面の扉を開くトラック(2)豊洲市場は後ろ開き対応(東京都中央卸売市場のホームページ上の動画より)

 午後9時、全国の漁港で水揚げされた魚介類を満載したトラックが、東京の築地市場に続々と到着する。荷台の側面の扉を大きく跳ね上げ、氷と共に商品が詰まった発泡スチロールの白い箱を、フォークリフトで運び出している(写真(1))。

 この作業は未明まで続き、早朝からは商品が種類別に次々と競りに掛けられ、都内のスーパーや鮮魚店、飲食店に納入される。

 戦前から長らく続いてきたこの営みの舞台は、11月7日から、東京都江東区に新たに建設された豊洲新市場に移る計画だが、見通しは極めて流動的だ。

 7月に初当選した小池百合子・東京都知事が選挙戦の最中、「(移転時期について)立ち止まって考える」と発言。近く正式に判断するとみられる。

豊洲を視察した小池知事(右写真)は何を思うか Photo:JIJI

 というのも、当初予定されていた建設費4316億円が、5884億円に膨らんだことに加え、豊洲の土壌汚染や、卸売業者から飲食店などに商品を卸す「仲卸業者」の店舗スペースの狭さが問題視され、市場関係者の間に移転の慎重論や反対論があるためだ。

 では、数カ月延期すれば、豊洲の問題は解決するのか。答えは否だ。延期では到底解決できない根本的な欠陥が、豊洲の建物に存在しているからだ。

 問題は大きく二つある。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close Up

激動する世界経済の流れに、日本も無縁ではいられない。政治・経済、企業・産業、社会の注目テーマをクローズアップし、独自の視点、切り口で「詳説」する。

「Close Up」

⇒バックナンバー一覧