ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

ライオンが8年ぶりボディソープ新商品、髪より体を狙うワケ

週刊ダイヤモンド編集部
2016年8月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
想定価格は本体(500ml)で650円前後。ライオンのハンドソープ「キレイキレイ」のように売り上げトップのブランドに育つか? 写真提供:ライオン

 日用品大手のライオンが9月28日、ボディソープ市場へ実に8年ぶりとなる新たな大型ブランドを投入する。同社幹部によると「参入障壁が低く、コストパフォーマンスが良い市場を狙う」ものだ。

 ボディソープの市場規模は昨年で約600億円。その主戦場はファミリーユース向けで、これが市場の7割以上を占める。ライオンの新商品「hadakara(ハダカラ)ボディソープ」も、保湿成分が洗い流されないという日本初の技術を武器にしたファミリーユース向けだ。

 国内ボディソープ市場のブランド別のシェアは、長らく2強の時代が続いてきた。絶対王者は花王の「ビオレu(ユー)」で約25%。それにユニリーバ・ジャパンの「Dove(ダヴ)」が約15%で続き、その他のブランドはいずれも5%前後と、どんぐりの背比べだ。

 ライオンは、かつて一世を風靡した「植物物語」などのブランドを持つが、全て足し合わせてもシェア2%程度。低空飛行を余儀なくされていた。

次のページ>> 目標はトップ3入り
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧