ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
人生にもっと本を。from honto

日本シンクロ界を立て直した井村監督の奇跡の指導力とは

大森拓人 [スポーツライター、社会心理学専攻]
2016年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「参加することに意義がある?とんでもない。あそこは戦う場。人の一生で三本の指に入る真剣勝負の場なんです」

 リオ五輪で2大会振りとなる念願の銅メダル(チーム種目は3大会ぶり)をもたらした井村雅代日本代表監督。日本シンクロの「お家芸復活」を世界に大きく印象づけた。シンクロ競技が正式種目となった84年ロサンゼルス五輪から6大会連続でメダルを獲得し、2004年アテネ五輪を最後に退任した井村氏。その後低迷する日本シンクロ界から再び請われて指導者となり、初の五輪で見事に結果を残した彼女の指導は、いったい何が違うのだろうか。

井村雅代 不屈の魂: 波乱のシンクロ人生
作者/川名 紀美 出版社/河出書房新社 出版日/2016年06月27日

 井村監督といえば「怒号が飛ぶスパルタ熱血指導(鬼コーチ)」「竹を割ったようなハキハキとした関西弁の言動」などの面でのメディア露出は多い。しかし、「ゴールから逆算したシンプルかつ緻密な戦略実行」、「相手の心に届くコーチング指導」などの実態、根性論ではなく結果を出すための本質的な指導術は意外と知られていない。

 結果にこだわり、世界の第一線で32年間結果を出し続けてきた彼女の言動から、一流の結果を目指すビジネスパーソンやメンバーを率いるマネージャー層/経営層が学ぶことは多いのではないだろうか?

 日本及び中国で、オリンピック大会連続でメダルをもたらした彼女に数年間の取材を重ね、勝負哲学や波乱のシンクロ人生に迫った最新書籍『井村雅代 不屈の魂』(河出書房新社2016年6月発売)から2回にわたってエッセンスをお届けする。

お家芸の低迷~戻ってきた日本シンクロの母

 リオ五輪に向けて再び日本代表指導の場に戻ってきたのは2014年のことだ。

 井村コーチ退任後、日本シンクロは北京五輪のチームでは5位に沈み、4年後のロンドンオリンピックではデュエットもチームも5位という成績に終わった。このとき、1984年以降メダルを獲り続けてきた日本シンクロが初めてメダルを逃したのだ。

 ロンドン五輪での日本の演技や選手の様子を見て、「このままではリオ五輪に出場できない」という強い危機感を抱いた金子正子(前日本水泳連盟シンクロ委員長)が「いま立ち直らなければ永遠にチャンスを失ってしまう。どうしても井村さんに戻ってもらおう」という強い覚悟で、井村コーチ復帰に向けての粘り強い働きかけに奔走した。

 「井村さんを戻して強化を図っていきたい。日本をもう一度強くするにはそれしかありません」金子は何度も幹部を説得し、実に10年振りの井村日本復帰が実現した。
短期決戦においては「狙いをひとつに定めてひたすら磨く」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

大森拓人 [スポーツライター、社会心理学専攻]

大学で行動文化学社会心理学科を学んだ後、企業スタートアップやソーシャルセクター等の立ち上げに関わる。社会心理学的切り口(個人と個人の関係性、個人と集団に与える影響)を基に、一流スポーツ選手から学ぶ「モチベーションマネジメント」「リーダーシップ、コーチング」「戦略・戦術」等の記事を制作。特に関心を持るスポーツ分野はテニス・シンクロナイズドスイミング・バレーボール・陸上競技。


人生にもっと本を。from honto

丸善、ジュンク堂、文教堂などの店舗とネット通販、電子書籍が連動したハイブリッド総合書店「honto」から、書評、インタビュー、ランキングなど「本」にまつわる多彩な記事をお届けします。

「人生にもっと本を。from honto」

⇒バックナンバー一覧