ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

オフィスで「子育てプア」の男たちが急増中!
心優しき“イクメン”を潰す育休の誤解と偏見

宮崎智之 [フリーライター]
2010年11月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

最近、育児に積極的な男性たちが「イクメン」ともてはやされる機会が多くなってきた。メディアの反応もおおむね好意的で、厚生労働省も「イクメンの星」を毎月選定するなど、男性による子育ての啓発に力を入れている。女性の社会進出が進み、「男性は育児をしなくてもよい」という旧来型の考え方は、もう通用しなくなった。しかし実際には、育児休業を取得した経験がある男性はわずか1.72%に過ぎない。男性が育児に参加する風潮が十分に浸透しているとは、言い難い状況だ。社会的にニーズが高まる一方、周囲の理解が深まっているとは言えない男性の育休取得。調べてみると、誤解と偏見の壁に苦悩しているイクメンたちの現状が明らかになってきた。(取材・文/宮崎智之、協力/プレスラボ)

「イクメンブーム」が盛り上がる一方、
“子育てプア”の男性が増える矛盾

 「子ども? 大好きですよ。土曜、日曜は必ず一日中、一緒にいて面倒をみるようにしています」

 こう話すのは、都内に住む男性Aさん(30代、電気機器輸入会社勤務)。4歳と0歳の息子を持ち、自らを「イクメン」と称するほどの子ども好きだ。しかし、そんなAさんも育児休業の話になると顔を曇らす。

 「まったく取れるような雰囲気ではありませんよ。前例もありませんし」

 Aさんの帰宅は、毎日午後9時~10時頃になる。すでに子どもは寝てしまっていて、寝顔を見るのが精一杯という状況だ。「休日以外は妻に任せっきりというのが実情です。もっと育児に参加したいと思っているのですが……」と話すが、育休については「そもそも、就業規則に規定自体がありませんから」と肩を落とす。

 現在巷では、「育児に参加する男性はカッコイイ!」という意識が盛り上がりつつある。この“イクメン”ブームに拍車をかけたのが、全国の男性首長が次々に育児休業の取得を表明し始めたことだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧