ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヒット商品開発の舞台裏

家事の「時短」新商品続々、トレンドは男性の調理参加

夏目幸明 [ジャーナリスト]
【第16回】 2016年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

マーケティングやマネジメントについて取材を重ねるうち、ヒット商品の共通点が見えることがある。今回は、最近急伸している「働く女性」向け市場をめぐる変化を追った。

ヒット商品の宝庫!
「家事の時短」マーケットの今

 世の中はいまだ「男女平等」のあり方を模索しているのかもしれない。「男女雇用機会均等法」が施行されたのは1986年のこと。以来、徐々に働く女性は増え、女性の経済力も高まった。しかし、家事の主人公はいまだ女性。スーパーの来客数の男女比など、単純なデータからも明らかだ。もちろん男性も家事を手伝おうとはするが、女性は「あなたがやるとヘタなの!」と感じることも多いらしい。筆者は男性で、かつ同様の体験があるため、世の女性たちに申し訳なく思う次第だ。

男性でも子どもでも調理できる時短商品は大人気。ただし、単なる「時短」にとどまらず、プラスαの要素としてヘルシーさが加わることが、ヒットの条件なのだという

 そんな状況だからこそ、次第に「家事の時短グッズ」市場が形成された。たとえば、キユーピーの『具のソース』。玉葱とゆで卵がゴロゴロ入ったタルタルソースなど、ちょっと贅沢なソースだ。

 この贅沢なソースは、ある女性社員の着想から誕生したものだ。あるとき、この社員は主婦向けアンケートの中に「揚げ物は揚げるもの?買うもの?」という質問があり、主婦の過半数が「買うもの」と答えているのを見た。

 たしかに揚げ物には、油の処理やグリル周りの掃除など、面倒な作業が伴う。忙しい主婦は、できるなら揚げ物を買って済ませたいだろう。でも、何の工夫もなく皿に載せ、家族に出すのは気が引ける。だからこそ、見た目も味も豪華にいろどるソースがあったら…?

 果たして商品はヒットし、すぐに定番化した。

 また、静かな掃除機も売れた。家をキレイにしておきたいけど時間がない…。そんな人が夜中や早朝にも掃除ができるよう生まれた商品だ。

 筆者は、ヒット商品を生む法則があると考えている。「流行は時代とともにある」というものだ。「風が吹けば桶屋が儲かる」という法則のように「女性が社会進出を果たす→家事の時間が減る→家事を簡単にするグッズが売れる」ということが起きる。

 だが、時代の流れは止まることはない。こうしてできた「家事の時短」市場は、いま次の時代へと移りつつあるのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

夏目幸明[ジャーナリスト]

1972年、愛知県生まれ。早稲田大学卒業後、広告代理店に入社。その後、雑誌記者に。小学館「DIME」の『ヒット商品開発秘話 UN.DON.COM』や講談社「週刊現代」の『社長の風景』などを連載中。著書に『大停電(ブラックアウト)を回避せよ!』(PHP研究所)などがある。


ヒット商品開発の舞台裏

よい商品やサービスが必ずしも売れるわけではなく、ヒットするには何かの仕掛けが必ずある。ユニークな技術から、消費者の心をつかむマーケティングまで、ヒット商品・サービスの秘密に迫る。

「ヒット商品開発の舞台裏」

⇒バックナンバー一覧