ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

今度は本物のビールで
PB投入を狙うイオンの目算

週刊ダイヤモンド編集部
2010年11月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
6月に発売したPB商品「バーリアル」は、イオン店舗で最も売れる第3のビールに育った

 今年6月に韓国産の“第3のビール”のプライベートブランド(PB)商品「トップバリュ バーリアル」を発売したイオンが、今度は本物のビールのPB商品投入を検討していることがわかった。早ければ、来年6月にも商品化する見通しだ。

 イオンにとって、粗利益率の大きいPB事業は収益力向上のカギを握る。イオンのPB「トップバリュ」は、現在4500品目あり2009年度の売上高は4424億円、12年度までに7500億円を目指している。

 なかでも、ビール類のPB商品化に注力しているが、それはビールや洗剤はNB(メーカー商品)神話が強く、PBが成功しにくいといわれているからだ。ビールで成功し、PB事業拡大の推進力としたい考えだ。

 第3のビールのバーリアルは好調。11月7日までに5162万本を販売し、初年度目標を7200万本から1億本に引き上げた。イオン店頭に並ぶ第3のビールの中で最も売れる商品に育っている。

 好調の要因は、PB特有の安さにある。通常スーパー店頭で販売する第3のビールは350ミリリットル缶1本100~120円なのに対してバーリアルは88円だ。イオンでは、ビール類全体の売上高が9.6%増(6月23日~11月7日、前年同期比)。さらに、利益は22%増と大きく貢献している。うまみは大きく、第3のビールに続いて本物のビールのPB化にも熱が入るというわけだ。

 ただ、卸の横やりなどがあり、生産を委託するメーカーと、まだ正式契約に至っていない。目論見どおり、すんなりとはいかないようである。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 須賀彩子)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧