ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中学版・受験の真相

12月から入試は本番モード
親子ともども体力・気力を使い果たす

安田賢治 [大学通信常務取締役]
【第4回】 2010年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

12月からいよいよ本格受験態勢
志望校決定、出願のポイントは

 中学受験の親の負担を考える時に、もっとも大きな負担は何と言っても経済的負担だ。しかし、いよいよ受験となってくる12月からは、経済面よりも精神的な負担のほうがはるかに大きくなってくる。

 その大きな負担のひとつが受験校の決定だ。子どもの学力を考えながら、受験校6~8校を決めなければならない。子どもの意見を十二分に尊重しながら、併願プランを考えるのは親の務めだ。こればっかりは塾任せとはいかない。もしも不合格だった場合、その責任は親しか取れないからだ。

 第一志望校は「合格可能性80%以上」でなくてもかまわない。これから1ヵ月で実力を伸ばせば合格に届く場合もある。どうしても進学したい憧れの学校を、そう簡単に諦めることはない。その代わり、他に絶対合格できる安全校も受けておくことをお勧めする。

 さらに、出願準備にも気を遣う。親にとっての初めての中学入試だと、気遣いからくる負担感はさらに大きい。出願書類に貼る子どもの写真は写真館で撮影してもらい、願書記入もきれいな字で書くのが一般的。長所、短所の記入欄などは、子どもを目いっぱい褒めていい部分だ。

 受験料の振り込みの手続きもある。受験料は2万円が相場だが、同じ学校を何度も受ける場合は優遇制度を設けている学校もある。さらに、中学入試では出願受け付けは郵送ではなく学校持参が多い。受け付け開始時間を目指し、早めに出かけて若い受験番号をとるのが普通だ。来年は東京だと1月20日が願書受け付け解禁日だから、たいていの場合、第一志望校から順に学校を回って出願していくことになる。

 1月に入っていよいよ入試が近づくと、さらにプレッシャーがかかる。インフルエンザなど病気対策や食事に注意し、試験当日に子どもが実力を発揮できる環境を整えなければならない。試験当日の服装は、初めて着るものは避け、着慣れた服で落ち着いて試験に臨めるようにする。学校へは必ず公共交通機関を使い、1時間前には着いておく。午後に入試を受ける場合には、その間に食事をどうするかを考えておかなければならない。当日の忘れ物はないかなど、気を配ることがどんどん増えていく。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

安田賢治[大学通信常務取締役]

56年兵庫県生まれ 早稲田大学政治経済学部卒業後、大学通信入社現在に至る。著書に「中学受験のひみつ」(朝日出版)「笑うに笑えない大学の惨状」(祥伝社)「教育費破産」(祥伝社)がある。


中学版・受験の真相

2010年は26万人。全生徒数に占める割合は7.2%で、この比率は30年前の2.5倍。私立中学の在籍者数である。さらに驚くべき数字がある。東京都における私立中学校への在籍割合は26.2%、実に4人に1人が私立を選んでいるのだ。いまどきの中等教育に、お父さんの経験則はまったく通用しない。子どもの教育に父親として責任を果たす、そのためにはまず中等教育の現実を知る必要がある。大学入試の実績分析を通して中学校・高校を見続けて約30年、学校評価の第一人者が中学受験をズバリ解説します。

「中学版・受験の真相」

⇒バックナンバー一覧