ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IFRSで変わる「経営」と「あなたの仕事」

グローバル競争激化で重要度はよりアップ
研究開発部門が迫られるIFRSへの対応

野村直秀 [アクセンチュア エグゼクティブ・パートナー、公認会計士]
【第9回】 2010年12月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 R&D(研究開発)部門は、その活動と活動の成果が数値として見えやすくなるまでの期間が長期間にわたり、またその確実性が不明確なことから、会計の世界では「期間費用」として取り扱われてきた。一方、研究開発促進の観点において研究開発費への税務上の優遇措置を積極的に活用する目的からも、期間費用処理が行われてきた側面もある。

 その結果として、経営管理的にも、生産部門や販売部門で求められるレベルでの精緻な数値管理(生産部門における製品原価計算や販売部門での商品別の売上や利益管理等)は要求されることが少なく、精緻な管理制度を導入している企業も限られてきた。

 しかし、グローバル競争が激しくなるに従い、研究開発の活動の重要性は益々高まってきている。自社の研究開発活動の効率化の要請やその成果の外部への開示を適時に行っていく必要性も課題となっている。

 IFRSによる、研究開発費の会計基準は、このような直近の課題解決を支援する会計制度となる可能性を秘めている。

「無形固定資産」として計上も
IFRSにおける研究開発費の会計処理

 IFRSでは、研究開発費については、自己創設した無形固定資産の一部として考えられる。

 研究局面に関しては、発生した支出はすべて費用処理することになる。一方、開発局面では、以下の一定の要件をすべて満たす場合には、無形資産として認識することが求められる(費用処理との選択ではない)。

“開発費の無形資産としての要件”
(1)無形資産を完成し使用または売却することが技術的に可能である。
(2)無形資産を完成し使用または売却する意思がある。
(3)無形資産を完成し使用または売却する能力がある。
(4)無形資産が将来において経済的便益を生み出すことを示すことができる。
(5)無形資産を完成するための技術上、財務上、その他の資源を有している。
(6)無形資産を完成する開発時の支出を信頼性を持って測定する能力がある。

 上記の要件に合致して、一旦認識された無形固定資産としての開発費は、当該開発がもたらす将来の経済的便益の費消パターンと期間に応じて償却することが求められる。なお、各会計期間末には、その償却方法の見直しも求められる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野村 直秀 [アクセンチュア エグゼクティブ・パートナー、公認会計士]

横浜国立大学経済学部卒業。大手監査法人にて上場企業および外資系企業の監査を担当後、財務・会計分野の各種経営コンサルティングに従事。現在は、財務。経営管理グループ日本統括とともにIFRS導入コンサルティングに従事。IFRSに関する講演や執筆活動も多数。


IFRSで変わる「経営」と「あなたの仕事」

2015年又は2016年に日本の上場企業への適用義務化が提案されている国際財務基準(IFRS)。この連載では、IFRSが各部門にどのような影響を与え、それぞれの部門がどのような備えをしておけばIFRS元年を円滑に迎えることができるのか、紹介していく。

「IFRSで変わる「経営」と「あなたの仕事」」

⇒バックナンバー一覧