ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第11回】 2016年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第9回】アリサ、いま仏と言ったか……神は、神は死んだのだあああ!

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
3日後、再び会ったふたりは鴨川へと出かけます。そして、川原に落ちている石をいくつか拾い上げ、アリサに手渡しニーチェはこう言うのです。
「アリサ、ここで水切りをしよう」
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第9回めです。

“永劫回帰”を受け入れられるか、受け入れられないかで大きく人は変わるということだ

 「アリサ、これを見るといい」

 「このバラバラに散らばっている石のこと?」

 「ああ。いまこの石が散らばった布陣があるだろう。この石を拾い上げ、またバラバラと落としたとしよう。同じ布陣になることはあると思うか?」

 「んーそうだね、十回じゃ無理かもしれないけど、何万回もやれば、同じ布陣になることはあるかもね」

 「私はそういうことが言いたい」

 「つまり、確率論的なこと?」

 「そうだ。時間が無限にあるのならば、いま私たちが経験したことと同じケースが再び起こりえる、繰り返される可能性がある。ということだ」

 「えーとちょっと待って、たしかに時間が無限にあるなら、同じことが起こりえるかもしれないけど、私たちの人生は時間が無限にあるわけじゃないよね?」

 「そうだ。“自分が生まれてから死ぬまで”の間だけではなく、もっと大きなスケールで、原子的に考えるのだ」

 「原子的?」

 「そうだ、万物は原子で出来ている。いわば原子の組み合わせだ。
 私たちが死んでも、私たちを構成する原子は残る。なのでまたいつか、原子の組み合わせによっては、自分が生まれるということだ」

 「原子の組み合わせ?」

 「そうだ、パターンだ。例えば、スロットを想像してくれ。
 スロットで777が並べばアリサが誕生するとしよう。スロットには無数の組み合わせのパターンがあるよな?ベルだったり、フルーツ柄だったり、リプレイマークだったり。
 ベルとフルーツと7とバラバラの絵柄の組み合わせもあれば、ベル二つとフルーツ一つという組み合わせもあるだろう。パターンは無数にあるのだ。
 その中で777が揃う確率は低いかもしれないが、無限にスロットを回していたら、777が揃うこともあるだろう。
 そのように、原子の組み合わせで万物が誕生するのであれば、いつかまたアリサが誕生する確率があるということだ」

 「そっか、自分が生きている間だけじゃなくて、宇宙の誕生とか大きいスケールで考えると、いつかまた自分と同じ人間が生まれる可能性があるってこと?けどそれって話がぶっとびすぎてない?非科学的というか」

 するとニーチェは得意の高笑いで、「科学がまだ証明できていないだけだ、宇宙のことすらな。ハハハハ」と悪態をついた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/13~8/19)



    原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

    1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


    ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

    17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

     

    「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

    ⇒バックナンバー一覧