ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
【第10回】 2016年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
原田まりる [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

【『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』試読版 第8回】つまり、何事も繰り返されるということだ。私はその事実をアリサに伝えに来た

1
nextpage

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会い、哲学のことをいろいろ語り合ったのでした。
そして、最初の出会いから3日後、ニーチェは鴨川にアリサを連れ出し、水切りをしながら、また語り始めるのでした。
ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人たちがぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていく感動の哲学エンタメ小説『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』。今回は、先読み版の第8回めです。

写真と見た目が違うよね?
顔立ちはハッキリしてるけど、外国人感はないじゃん。

 友達に家族の話をすると、いつも「寂しくないの?」とドライな人間のように思われるが、寂しいかどうかを考えたところで現状が変わるわけではない。

 「まあ、私の話はおいておいて、こないだニーチェのことをネットでちょっと調べてみたんだけど、写真と見た目が違うよね?顔立ちはハッキリしてるけど、外国人感はないじゃん。

 いまは誰かにのりうつっていたりするの?」

 私は、弾みをつけるように、肩に掛けた学校の指定バッグを、掛け直した。

 「のりうつってる……か。まあ、そのようなものだ、期間限定ではあるがな」

 「期間限定なの?それって、いつまで?」

 「それをいま話してしまうのはルール違反だ。なぜなら、人生もそうだろう?いつかは終わってしまうが、いつ終わってしまうかは明らかではない。いつ終わるかが明かされてしまっては、また人生の意味が変わってきてしまう。
 そういう不透明な時間を私たちは生きているのだから」

 「そっか、まあそれもそうなのかもしれないね……。けどさ、誰かにのりうつってるなら、どうやってのりうつる人を決めているの?」

 そう伝えると、ニーチェは人差し指に前髪をくるくると絡めだした。この間もそのようなポーズをとっていたけど、考え事をする時の癖なのだろうか。

 「逆に、アリサがもし誰かにのりうつれるとして、どんな人物にのりうつる?自分ならどういう人にのりうつりたい?」

 「えー考えたこともない問題だな。そうだなあ、絶世の美女とか、すっごいイケメンとか、あとは、お金持ちとかかな!」

 「そういうことだ。自分のセンスで“まあ、こいつならのりうつってもいいかな”と思える人間をこっちで選んでいるのだ」

 「そうなんだ、超上から目線じゃん……」

 「まあその結果、生活に不自由なく、見た目も自分にある程度似ていて申し分ない美男子を選んだというわけだ」

 「……美男子、ですか」

 ニーチェと私はどうやら美的感覚にかなりズレがあるようだ。

 私はニーチェの顔をまじまじと見た。不細工というわけではないが、誰もが目を見張る美男子というわけではない。あくまで個人的な趣味の問題かもしれないが。ニーチェはよほど自信があるのか、見つめられるとぼさぼさの頭を掻きながら、ニタァーっと不気味な照れ笑いを浮かべていた。口の中はうっすら抹茶色に染まっていた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
王道経営

王道経営

新 将命 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,600円+税

<内容紹介>
ジョンソン&ジョンソンはじめ名門外資系トップを歴任した著者が、その40年以上にわたる経験から得た「王道経営」の理念と実践を語りつくす集大成。どんな名門企業も王道を外れては存続しえない。起業したばかりのベンチャーのトップから大企業の経営者まで、すべての経営者が読むべきバイブル!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、3/19~3/25)



原田まりる(はらだ・まりる) [作家・コラムニスト・哲学ナビゲーター]

1985年 京都府生まれ。哲学の道の側で育ち高校生時、 哲学書に出会い感銘を受ける。京都女子大学中退。 著書に、「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)がある。


ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。

17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガーなど、哲学の偉人たちが続々と現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、“哲学する“とは何か、を教えていきます。本連載では、話題の小説の中身を試読版としてご紹介します。

 

「ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。」

⇒バックナンバー一覧