ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

投資信託「銀行窓販」の今後の課題

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第8回】 2007年11月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いわゆる銀行窓販で投資信託が順調に売れている。

 いまや銀行は証券会社を抜いて、投資信託販売の主役といっていい。証券会社的な感覚で見ると、銀行は、膨大な預かり資産と、損をさせられた経験がない大量の手つかずの顧客を抱えている宝の山だ。投資信託の販売はまだまだ伸びるだろう。

 だが、投資信託の銀行窓販に、いくつか問題点が見えてきた。

 最大の問題は、銀行が顧客の情報を持ち過ぎていて、セールス活動のうえで強過ぎることだ。

 銀行は、顧客の預金の種類別の残高や定期預金の満期などを知っている。

 また、それ以上の情報も集めようと思えば集められるだろう。たとえば、銀行員向けの雑誌には「証券会社から振り込みのあったお客様は、投資に興味がある可能性が大きいので、アプローチしてみよう」というようなことが書かれていた。

 通常、個人客は、証券会社には自分の金融資産のなかから、見せてもいいと思う一部を預けてあるだけだが、銀行にはおカネの「本体」を預けていることが多い。ものの本によると、証券会社のセールスが断られる際にいちばん多い顧客の台詞は「今、おカネがない」なのだそうだが、銀行が相手だとこの理由は使えない。

 企業に対する融資では、与信に必要な情報を得るために銀行が顧客の口座の資金の動きを見ることはあってもいいと思うが、個人客に対する金融商品のセールスにこうした情報をどの程度使っていいのかについては、なんらかの制限が必要かもしれない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧