ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
一生を賭ける仕事の見つけ方
【第11回】 2016年10月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
斎藤祐馬

つらい経験こそ、自分の「骨格」になる――
「IT界のレジェンド」を今も駆り立てる強烈な「原体験」
ウィズグループ代表取締役・奥田浩美×斎藤祐馬 原体験対談【前編】

1
nextpage

「Mac World」や「Windows World」、「Interop」や「Google Developer Day」など、これまで数々のビッグイベントを日本で開催し、「IT業界の女帝」との異名を持つ奥田浩美氏。2001年、IT分野のカンファレンスを企画・運営する「株式会社ウィズグループ」を立ち上げ、2013年には、ITと対話型ロボットにより地方の課題解決を目指す「株式会社たからのやま」を創設。地方に住むお年寄でもテクノロジーを身近に使えるように、IT業界の若き起業家や開発者らを巻き込んで、地方で「共創の場づくり」に取り組んでいる。奥田氏を絶えず挑戦へと駆り立てる「原体験」には何があるのか――。
ベンチャー支援のプロフェッショナル・斎藤祐馬氏が、著書『一生を賭ける仕事の見つけ方』で大好評のノウハウ「感情曲線」をもとに、まるで10先を見越したかのような挑戦を続ける奥田氏の「原体験」を明らかにする!

「感情曲線」を描き、「原体験」を探る
――自分の「熱量のありか」を確認する最初のステップ

奥田、読みました。私もこれまで何冊か本を出していますが、2015年2月に刊行した『会社を辞めないという選択』(日経BP社)とのつながりを感じ、勇気づけられました。私の本では、会社を辞めずに社内でどう変革を起こしていくかをテーマに、変革を起こすには強い感情とミッションが必要になると書きました。斎藤さんも、まさに同じことを書かれていますよね。

斎藤 そうですね。この本では、キャリア志向からミッション志向へ――つまり、自分のミッションに従って仕事をつくりあげていくことを提唱しています。人は誰しも心にミッションを抱えているというのが僕の持論です。それを探す手掛かりになるのが、その人自身の「原体験」です。強烈な「原体験」がある人ほど、それがミッションに転じやすいですし、その「原体験」から行動しつづける熱量が生まれてきます。

奥田 本では「原体験」を見つけるための方法も紹介されていましたよね。

図1)「感情曲線」とその描き方
(『一生を賭ける仕事の見つけ方』49ページより)
<拡大画像を表示する>

斎藤 それが「感情曲線」というツールです。自分の人生を振り返り、感情の起伏をグラフで表現します。この曲線の「谷」や「山」の部分が、自分の心が強く動かされた出来事で、たいていの場合、それが「原体験」になってミッションにつながっていきます。奥田さんは「IT業界の女帝」とも呼ばれる奥田さんにとっての「原体験」はどこにあるのでしょうか?それをやりつづける熱量の源も含めて、「感情曲線」を使ってぜひご紹介ください。

奥田 わかりました。じゃあ、時系列に順を追って紹介していきますね。

「自分が正しいと思うことをしよう」
――屋久島のウミガメから学んだこと

図2)奥田氏自筆の「感情曲線」
15~24歳の間に極端な「谷」が何度か訪れている
<拡大画像を表示する>

奥田 私の最初の「原体験」は、3歳から5歳を過ごした屋久島(鹿児島県)での暮らしにあります。そこで、ウミガメの卵を当たり前のように食べて暮らしていました。(編集部注:昭和40年代の話で現在はその習慣はありません)

斎藤 屋久島でウミガメの卵を食べるって……。ご両親はどんなお仕事をされていたんですか?

奥田 父は鹿児島県の教員で、希望赴任先をいつも白紙で出す人でした。「誰も行かないところに自分が行く」という信念を持っていたようで、屋久島はじめ、週に2便しか船が来ない離島とか、県内の辺鄙なところばかりを転々としていました。

斎藤 率直な疑問ですが、ウミガメの卵って食べていいものなんでしょうか?

奥田 「ウミガメは保護対象の生物だから、卵を食べるなんてもってのほか」というのは本土の人が抱くイメージです。島の人は、ウミガメが産んだ卵のなかから3分の1をいただいて、妊婦さんや高齢者の方に渡してそこから収益を得られるようにしたり、中学校に孵化する場所をつくったりしていました。いわば、人と自然が持続可能な形で共存できるように、食料や環境教育の生きた教科書として使わせていただいたわけです。

 ところが、屋久島を離れて本土に移り小学校に通いはじめてその話をすると、野蛮だとか自然破壊だとか言われて、軽いイジメのような目に遭いました。

斎藤 それがどういう形で奥田さんの「原体験」になったんでしょうか?

奥田 たかだか小学生でずいぶんマセた話ですが、人が持ってる「常識」なんて、身の回りの環境や文化に大きく左右されるということを、身をもって実感しました。このときは振れ幅としては小さいですが、後々大人になって思い起こせば、島と本土のカルチャーショックが、「自分が正しいと思うことをしよう」という原点になっています

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


斎藤祐馬[さいとう・ゆうま]

トーマツベンチャーサポート株式会社 事業統括本部長。公認会計士。
1983年生まれ。中学生のとき、脱サラして起業した父親が事業を軌道に乗せるのに苦労している姿を見て、「事業を立ち上げたばかりの起業家を支援する人がいればいいのに」と何度も思い、やがてベンチャーの「参謀」を志す。
2006年、4度目の挑戦で公認会計士試験に合格し、監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)入社。会計監査やIPO支援業務に携わるものの、スタートアップ期のベンチャーへの支援ができないものかと悩み、単独でベンチャー支援を始める。
2010年、トーマツ内で休眠していたトーマツベンチャーサポート株式会社(略称TVS)の再立ち上げに参画する。従来の公認会計士の枠には収まらない「ベンチャー支援」という活動に対して当初は理解を得られず、社内からは逆風も吹くが、一つひとつ壁を越え、社内外に仲間を増やし、大きく成長するに至った。現在は、「挑戦する人とともに未来をひらく」というビジョンのもと、国内外で奮闘する100名以上のメンバーとともに、ベンチャーだけではなく、大企業、海外企業、政府、自治体などとも協働し、自らのミッションを生きる日々を送っている。自らの思いを「一生を賭ける仕事」につなげたその経験には、大学、企業、自治体などから講演の依頼が絶えない。
2013年4月より、現在は「起業家の登竜門」と呼ばれるようになった「モーニングピッチ」を仲間とともにスタート。これまでに700を超えるベンチャーの登壇を実現したモーニングピッチは、大企業やベンチャーキャピタル、メディアとの出会いの場をベンチャーに提供する、日本有数のプラットフォームとなっている。


一生を賭ける仕事の見つけ方

「自分にしかできないことを見つけたい」けれど、
「どんな仕事に『人生』を賭ければいいのか」がわからない。
そう悩む、すべての人へ――。

「思い」と「仕事」をつなぎ、
自分の人生を「本気」で生きる。
そのための究極の方法を、
起業家の登竜門「モーニングピッチ」発起人が初めて明かす!

「一生を賭ける仕事の見つけ方」

⇒バックナンバー一覧